So-net無料ブログ作成
検索選択

高原の町はもう秋模様 [随筆]

 文化の日は晴れる! 本当に美しい朝の空を見上げて溜息ひとつ。

何の予定もないこんな日は寂しくて切なくて恨めしい。

 若い時は祭日など家に居たことあったかしら。ずっと前から計画して、兎に角

出かけました。

 あの頃一緒だった家族も遠く、友も今はもうそんな元気はないのです。

 家事も一通り終わってごろんとしていた十時過ぎ電話が鳴りました。

「お久しぶりです、元気にしてますか。」一年振り位に聞く懐かしい友の声です。

 あまりにいい天気でドライブでもしょうかと思うのだけど一緒に行きませんか。

どこへでも行きたいところがあったら言って下さいとのこと。

 夢ではないかと思うくらい嬉しくて、「行く行く何処でもいいから連れていって。」

三十分したら迎えに来てくれるとのこと、私は大慌てで支度をしました。
 
 海でも川でも街でもと言うことでしたが、考えた末二時間足らずで行ける高原の

町にいくことにしました。


 彼女は年が一回り以上も若い友だちで、人柄も素敵な上に国立病院の看護師

として頑張り昨年定年退職しました。今は医療専門学校の教師として新しい仕事に

張り切っています。

 運転の腕前ももなかなかのもので、久し振りのことで喋り続ける私の話も笑顔で

聞いてくれるのです。


 街を過ぎてくねくねと峠に向かう坂道もすいすい、鬱蒼とした杉の林や松林を通り

ぬけて視界が開けると風にそよぐ銀色のすすきの原が続きます。

 咲き残ったこすもすの花もあちこちに見えて、ご機嫌な私。

 眼下の谷底から目を移すとはるかに光る海も見えて、ドライブも最高潮です。

 まだ紅葉には早いようでしたが、所々には少し色づき始めた紅い葉も見えて

秋の風情を感じることもできました。

 山際の小さい流れは落ち葉と木漏れ日を乗せてゆるゆると流れ、透き通った

水は手が痛いほどの冷たさでした。


 到着した町の真ん中は、はさすがに人が溢れ道の駅や物産館は活気に満ちて

いました。

 私たちも地元の野菜や果物や山の清水で育ったという新米買いました。

 食事をしたり、コーヒを飲んだりのんびりと高原の町で秋を楽しみました。


 思いがけなく楽しい一日を過ごさせてくれた友の優しさを、本当に嬉しく思うと

共に、持つべきものは友だち....と感じ入った私です。

 「またね」にこにこと手をあげて帰って行った友の車を、感謝の気持で見送り

ました。

 もうすぐ本当の秋を連れてきそうな風が、やさしく足元を通り過ぎて行きました。
  
 

 


 








nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

智

秋の空気に愉しくなりました、いつもながら優しい素直な随筆すてきです。
今日の関東は氷雨ふる霜月晩秋らしい空気、そちらはいかがですか?
自分は・明日の山は雪積もっているかもなあーと既に週末モードです、笑

by (2016-11-11 12:10) 

dan

こちら久し振りに快晴で19度もあって嬉しかったです。
庭の山茶花が満開でもう一回あの短編読み返しました。
週末の山はもう冬模様でしょう。お天気は全国的に
良いようです。
気をつけて行ってください。またその様子楽しみに
しています。
by dan (2016-11-11 21:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。