So-net無料ブログ作成
検索選択

ぶらりと街に出てみたら

 早いもので一月ももう終わりです。

初旬の穏やかさとは打って変わり厳しい寒さに襲われた後半でした。

 留守の間の諸々がやっと終わり、少し疲れたけれど日常の生活に戻り

炬燵でふとジパング倶楽部の手続きがまだだったことを思い出しました。

 
 曇ってはいるけれど今日は少し暖かい。よーし行ってこよう。

バイクで走れば十分でJRまで行ける。でも今日は久し振りにバスにしょう。

 バスはぐずぐず走るので十七、八分はかかる。信号の加減では二十分か。


 手続きはすぐに終わったけど、その辺りにある大きなショッピングビルに

寄り道する気など毛頭ない私です。


 バスを待つ数分の間、私は駅前開発計画の大きな看板を見ていました。

今の県都とは思えぬ貧弱な駅舎の建て替えや、私鉄の電車の延伸など夢の

ような未来図が薄緑を基調にしたイラストで描かれています。

 この看板が掲げられたころ、嬉しくて熱心に見ていた私です。でも最後の

完成予定の年月日をみて「ふぇー私には関係ないわ。」
 
 工事期間  平成二十年~平成三十二年 


 それからこの看板に目をやることもなく月日が過ぎたのです。

 今日久し振りに、しげしげとこの看板を見て「えっ」びっくりポン。

 あれほど先のことだと思っていたのに後三年だよ。

 辺りの様子は何ひとつ変わってないのに何処で゛とんな工事をしているのかしら。

 「絵に描いた餅」

 駅前は地下街になるとあるから、見えないところで工事しているのかなあ。

 少し膨らむ夢。


 でも私は今生きているのです。夫に放って行かれて、側に行くことばかりを

考えていた頃、そうこの看板を初めて見たのはそんな時だったのです。


 もしかしたら、私完成した素晴らしいこの絵のような街並みを見ることが

できるかも知れません。

 うへへへ心の中で笑いました。そして私随分厚かましくなったよね....とつい夫に。

 バスに乗っても何となく浮き浮きしている自分にあきれ顔の本当の私がいます。


 そのバスの後ろの席でさっきから声高に話している女の人、

「ねえ、そこのけそこのけ蛙の子だったかね。あれ俳句かなあ。誰の句だった?」

 私は後ろを見たい衝動に駆られながら、何だかほんわかした気持でバスに揺られて

いました。

 そしてバスもいいなあ。世の中こんなに平和で穏やかなのだから、今年は子供たちに

心配かけながら、バイクでバタバタするのは止めようと思いました。

 「ただ今~」ご挨拶はつい、いつもより大きい声になりました。

 庭の水仙の花すっきりと、寄り添って咲いています。



 
nice!(4)  コメント(2) 

nice! 4

コメント 2

リンさん

私が住んでいるところも、駅を新しくしています。
両親は「生きているうちに出来上がればいいけど」
と言っていました。
父は間に合いませんでしたが、母には新しい駅を見てほしいです。
by リンさん (2017-02-02 15:33) 

dan

有難うございます。
このところ年のこと考えている自分に気づいて
苦笑いと照れ笑いの繰り返しです。

by dan (2017-02-02 22:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。