So-net無料ブログ作成
検索選択

ゆったりのんびり思い出路線 [エッセイ]

 今年になってから一番春らしい日。空には雲一つなく気温十五度、風もありません。

数日まえからの天気予報に違わず快晴、つい嬉しくてにんまりの私です。

 義兄の一周忌法要に出かけます。「子供たちと孫だけでやるのだけど、よかったら

来てほしい」義姉からの電話で他人?は私だけと思いつつ即座に「お参りさせて」と

答えていました。

 訪ねる家は夫の実家、結婚した私たちの家が完成するまでの十日ほど、ここで父母

と四人で過ごした懐かしい家です。

 義兄がなくなる少し前、大々的にリホームしたから一度見に来てと言われながら

父母も夫もいない今更と思いつつ、そのままになっていましたがいつかは訪ねたいと

思っていました。

 ここからは各駅停車の電車で一時間半、一人旅で退屈するから特急でおいでという

義姉に私は電車の旅が大好きだから、のんびり行きますと。

 その日一輛だけのワンマンカーは、ざっくりいっぱいの乗客を乗せて出発しました。

 始発駅から窓に射すうらうらと優しい早春の陽の光の中を十分も走ると車窓には

瀬戸の海が広がります。

 青く澄んで濃く薄くたゆたう波は静かで、水平線で同じ色の空とひとつになります。
 
 遠くかすむ島影も、ぽつんと立つ赤い灯台も見ていると何故か切なくて泣きそうになり、

反対側の窓をみると、広々とした畑や田んぼ、点在する家々、かたまって咲く菜の花の

黄色が。川岸に咲く緋寒桜だろうかその紅色の美しいこと。

 私は目を閉じました。夫の住む町と私の住む街を結ぶこの路線には、二人だけの青春が

いっぱい詰まっているのです。

 一か月に一度会えない時もありました。駅での別れの寂しさは今思い出しても切ない。

 電車に揺られながら若かった頃に帰ってほんわかしている自分に気が付いて苦笑い。

 そうこの距離が昔は二時間半もかかったことも思い出してしまいました。

 実家では義姉や姪たち一家に歓迎してもらって、血のつながりがないのは私だけ状態

にも拘わらず楽しいひと時をすごしました。

 さすがに農家の広い家のリホームは、間取りは畳の部屋はひとつ残して、後はすべて

フローリング、今は必要ない車いすがゆうに通れる仕様です。

 外観は玄関の引き戸も今風で焼杉と瓦屋根が不思議な感じでマッチしていい感じです。

 二階の夫の部屋もすっきりした洋間になっていました。

昔「僕の部屋」だと初めて案内された畳の部屋の隅っこにおいた小さな文机と、壁際に

おいた大きな本棚に、難しい本がびっしり詰まっているを見てびっくりしたこと突然思い

出しました。

 私は小説ばかり読んでいたから、心配になったのでしょう。

 この家を夫に見せたいと思いました。彼はきっと喜んでいるでしょう。

義兄ももっと長くここに住みたかっただろうと思うと、切ない気持になりました。

 帰りの電車はゆったりのんびりと、何も考えずに今日はいい一日を頂いたと、感謝の

気持を胸に、夕影の色増した穏やかな瀬戸の海をぼんやりみていました。






 




nice!(6)  コメント(4) 

nice! 6

コメント 4

智

温かな哀惜やさしい随想、ほっとさせてもらいました。
春の海と穏やかな電車、古い新しい家、いい休日を過ごされたのだなあと。
こちらは節分草を見てきました、絶滅危惧種でもある山野草です。

by (2017-03-15 23:00) 

dan

有難うございます。
海もいいけど山の節分草はもっと素敵ですね。
ブログ欠かさずみています。
by dan (2017-03-16 22:53) 

リンさん

いい思い出がたくさんあって素敵ですね。
新しい家で、お義兄さんもたくさん暮らしたかったでしょうね。
by リンさん (2017-03-20 20:39) 

dan

有難うございます。
我ながら思い出にどっぷり。嫌な感じでしょう。
でもこれも生きていくひとつの術と言えば
大げさすぎるかも。
リンさんには分かって欲しい気がします。
by dan (2017-03-20 22:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。