So-net無料ブログ作成

遥かな春に思いを [随筆]

 チャイムの音に玄関に出てみると彼が立っていた。
私を見て少し笑ったように見えた。
「突然ごめん。これ渡したくて....。」
そう言いながら彼は抱えていた鉢植の包みを恥ずかしそうに差し出した。
 薄紫の和紙とセロファンに包まれた桜色の花が見えた。私にはそれが桜草である
ことがすぐに分かった。柔らかい緑色の葉と、愛らしい桜色の花。私が大好きな花。
 私はこの光景が今ひとつ理解出来ぬまま、黙ってそっとその鉢を受け取った。
「ちょっと出られない?」
彼が呟くように言った。
 彼が家に来たのも初めてなら、こんなに親しげな物言いも聞いたことはなかった。
 二人は高校三年生、二年間同じクラスだった。勉強も運動も出来た上に、背が高く
て格好いい彼はクラスの人気者。そんな彼を私は遠くから見ていた。
 三年生になって学習塾の模試の時、偶然席が隣同士になった。私は胸がどきどき
して、自分でもわかるほど顔が火照っているのを感じて慌てた。彼は少し驚いたふう
だったけれど「頑張ろうな」と声を掛けてくれた。
 それからの私はもうどんどん彼のことが好きになり、教室で目があったりするともう
自分でもどうしていいか分からないほど取り乱しそうになった。
 ただそれだけのことで彼の態度に変わったところはなく、私はすぐに自分の片思い
に気が付いた。
 お互いに東京の大学を受験するという大きな目的が目の前にあり、私も勉強に打ち
込むしかなかった。
 一月末私は第一希望の私立女子大に合格した。学校の掲示板でそのことを知った
彼は教室で誰よりも早く
「おめでとう。やったね、僕も頑張るよ。」と言ってくれた。それだけで私は天にも昇る
心地だった。
 彼も私のこと気にかけていてくれたのでは....。私は少し希望を持った。なんとか彼を
応援出来ないかと考えた末、市内の神社を回って彼の為に祈り、四個もお守りを買い
「頑張って!!」と小さなカードを添えて彼の家のポストに入れた。
 彼が難関の国立大学に合格したことはすぐに知った。私は自分の事のように嬉しくて
一人で泣いた。おめでとうをいう機会もなく一週間、勿論彼からの連絡もない。お守りを
送った時もそうだった。
 私はそれでよかった。自分の気持ちが通じてさえいれば.....。そして今日突然の訪問
だった。
 二人は初めて並んで歩いた。私は夢心地だった。水色の空、少し冷たい二月の風も
暖かく感じた。自分の想いが彼に届いていたのが嬉しかった。
 彼は目を輝かせて大学では頑張って夢を叶えたいと言い、君の応援が嬉しく励みに
なったのだと言った。
「桜草は僕のお礼の気持なんだ。本当に有難う、好きな花なんだろう。いつかクラスの
日記に書いていたから。」
彼の優しい気持ちが真っ直ぐ私の胸に入って来た。
 大学に進んだ二人は、しかし再び会うこともなく私の恋は終わった。
風の便りにきく彼は勉学に没頭しているようで、私にはどうしても声をかける勇気がな
かった。

 二人の間に四十年近い月日が流れた。

 私は今でも桜草の花に彼の面影をみている他愛ない普通のおばさんになった。
彼は優秀な学者として今アメリカの大学にいるという。

 
nice!(7)  コメント(4) 

白梅の花に [随筆]

 夜来の雨も止んで、窓に射す光がまぶしいなあと二階のベランダにでました。

いつもの見慣れた風景、辺りの家の屋根も春近い日射しに光っています。

 ふとわが家の庭を覗いてあれっと驚きました。つい二、三日前まで何度見ても

固く閉じていた白梅が、そこここに白い花を開いています。

 あちこちの梅便りを見聞きする度に、わが家の梅はいつも咲くのが遅いのだと

思っていました。

 急いで庭に下りてみました。この梅は木も花も小ぶりで、いかにも白梅らしく、

つつましい風情が私は大好きです。毎年遅く咲いて、また気付かぬ間に静かに

散っているのです。

 春近く梅の花便りを聞くと、私はまず道真の歌を思ひ、幾度も訪ねた大宰府

天満宮の梅の花に思いを馳せます。

 けれども私にはもうひとつ忘れられない梅の歌があります。

  
   出でて去なば ぬしなき宿と なりぬとも 軒端の梅よ 春を忘るな

 
 悲劇の将軍 源実朝の歌です。高校時代にこの歌を初めて読んだ時から

将軍の運命を予感しているようなこの歌が深く心に残りました。

 
 どこからどう見ても、わが庭の梅の花は小さくて、清らかで、儚げで気高く

いつまでも眺めていたい。

 まだまだ冷たい風を感じつつ、つい実朝様にまで思いが飛んでしまいました。

もう少し咲いていてね。何だか優しい気持になって、つい呟いてしましました。

 
nice!(5)  コメント(8) 

縁....その不思議なるもの [随筆]

 今日は朝から太陽いっぱいの冬晴れです。

帰ってきて一週間、あれこれと用事も一段落してほっと一息ついたものの体調

イマイチと天気も悪く本格的に掃除が出来ていませんでした。

 まず布団干し、二階のベランダにいっぱい干してふうふう。

家中の戸や窓を全開、冷たい風もなんのその、がんがん掃除機をかけてふうふう。

 次はフローリングと畳も水拭きしてふうふう。乾いた頃丁寧にドライペーパーで

仕上げしてふうふう。

 お昼前までかかってへとへとになりました。いつも娘に叱られます。やり出したら

とまらないのだからと。

 二時前に布団を入れて、ほかほかのその上にあおむけに寝転びました。太陽の

匂いこそしなかったけれど、柔らかい暖かさが伝わってきました。

 ふと枕元の文机の上の雑誌「NHKラジオ深夜便」十月号が目に留まりました。

上京したのでまだ全部読んでなかったなあと思いつつ手にとりました。

ぱらぱらとページをめくると「十月の誕生日の花と花ことば図鑑」というのがありました。

私は夫の誕生日を見ました。えっ! なんと彼の誕生日の花は彼の大好きな秋明菊。

 そこに優しい花の絵がありました。この花のことはブログにも何度も書きました。

でもこの花が夫の誕生日の花だなんて。私はふと縁....えにしを感じてしまいました。


 私の中ではこの花は悲しい場面を思いださせるのです。

しとしとと降る秋雨の中、まだ明けやらぬ午前五時病院から帰って来た夫を迎えて

くれたのが、玄関先でしっとりと咲く白い白い秋明菊たちでした。薄暗がりの中でその

花はとても美しく清々しくそして悲しく寂しそうでした。


 もう八年にもなるのにこの花が咲く度にあの悲しさが甦ってくるのです。

 東京にいた時はそうでもなかったのに、帰ってからはちょくちょく夫のあれこれを思い

出して、しょんぼりしていたので神様が良いこと教えてくれたのでしょうか。

 嬉しくなってついにやにやと花ことばの欄に目をやった私は「えっ! 」なんとそこには

「忍耐」という文字が冷やかに? 私もっと違う花ことば想像していました。

 ふふふふ゜忍耐ねえ。今までのしんみりした気持ちが吹っ飛びました。

ええそうでしょう。私は思い通りに今まで生きて来てそれなりに満足もしています。夫の

ことだってふにゃふにゃ.....。

 夫は忍耐の連続だったのかなあ。まあ思い当たる節もないではない。

可愛くない、女性らしくない、優しくない、強情っぱり、負けず嫌い。ああ止めた止めた。

 それでも夫と秋明菊がこんなところで繋がっていたなんて、嬉しいことです。

 今日はよく働いたし、いいことあったから、また明日から元気で頑張れそうです。 

nice!(9)  コメント(6)