So-net無料ブログ作成
検索選択

桜の花に浮かれたい [随筆]

 四月といえば心うきうき。なーんて思ったのはずっと昔のこと。

今は平穏な一日が続けばよしと、いかにも年寄りくさい自分が嫌になります。

 特に病気をしてから時折頭をもたげる弱気に、一番腹がたっているのは自分。

散歩道に出ると、瑠璃色ちりばめて咲くいぬふぐりや、黄色や白のタンポポ

つくしも顔をみせています。池には鴨が親子連れでのんびりと遊んでいます。

 遠くの山は薄く霞み高い青空に飛行機雲が一筋。

 本当に春爛満、平和なこの時代に生きていることの幸せを感じずにはいら

れません。

 そうだ 、元気を出して桜が満開になったら友を誘ってお花見に行こう。

 良い気分になって家の回りの掃除をしていたら、近所の奥さんに声をかけ

られました。

「この頃あまり見掛けなかったけど、また東京へでも行ったのかと思っていた」

とのこと。私は笑って

「いいえ毎日家にいます。スーパーへ行く以外はあまり外にでないから。そう

言えば久し振りですね。」

 彼女は私より三、四歳年上だけど定年まで勤めて、三つ年上のご主人と

元気に仲良く暮らしておられます。

 私が羨ましいという前に彼女は言いました。

「いいねえ。奥さんは自分のことだけして羨ましいわ。私は足も腰も痛いのに

家のことは全部私がして主人は何もしない。ただ偉そうに命令するだけ。これは

共稼ぎの時からずっと変わらずでいい加減嫌になったわよ」

 「でも側にいてくれるだけでもいいでしょう。話し合って少し手伝ってもらったら」

私の言葉が終わらぬうちに、彼女はこう言い放ちました。

 「こんなことなら、いない方がずっといい」

 私は耳を疑いました。返す言葉も、いつもなら向きになってそんなことは.....と

つっかかる私が何も言えません。言えないのではなくて言いたくなかったのです。

  私は愛想笑いをしてその場を離れました。

 家に入って私はへたへたと座り込んでしまいました。

夫婦ってなんだろう。この年になっては一緒にいる時間もそう長くはない。冗談

だとは思うけど、夫のことを仮に一瞬でもそんなふうに思う妻がいるということが

私には衝撃的でした。

 落ち着いてくると、まあ夫婦もいろいろあるよねえ。皆がみな円満という訳でも

なかろう。と思い始めました。

 さっきの彼女だって若い時は二人でバトミントンやカラオケに行っていました。

そうだ年のせいだ。そう思うことにしました。時には人格さえも変えてしまうかも。

 年を取るということはなんと残酷なことでしょう。

 どんなに、よぼよぼでも横暴でも病気だっていい、私は夫にもっともっと側に

いて欲しかったと、改めてそう思った出来ごとでした。

 
 庭の利休梅が白い花をいっぱいいっぱい咲かせてします。

 私決めました。今年の春は心して絶対に楽しく過ごすぞ! みんな集まれ!

 あの遠い遠い昔、私たち二人のスタートも桜が満開の四月でした。




nice!(10)  コメント(16) 

じゃあ またね [随筆]

 彼岸の中日、夫の兄が亡くなったという知らせが来ました。

突然のことだったので驚きました。

 昨年私と同じ頃に手術をしてその後は元気だと聞いていたし、一カ月ほど前にも

電話で話した時、とても明るく私のことを心配して気遣ってくれていたのに。

八十六歳でした。

 長男として頑張り、昨年六月、百六歳の義母を見送って安心したのかしらと、皆で

話しました。

 義兄の子供や孫やひ孫たちが集まり賑やかで頼もしいなあ。ふと羨ましい気がし

ました。その他の親族と言えば私と義妹の二人だけ。

 民生委員や農協の役員など長く勤めたようで、大勢の方が集まって下さいました。

義兄の顔をみていると男の兄弟は二人だったので、その面ざしからいやでも夫のことが

思い出されました。

 離れ住んでいてお正月とお盆くらいしか会うことが無かったけれど、本当に優しくて

長男らしい人でした。

 義父も九十三歳で亡くなる前一週間ほど入院しました。

私が単身赴任の夫に代ってお見舞に行った時、義兄だけが病室にいました。

義父が桃を食べたいというので私が皮をむいていると、なにくれとなく世話をしていた

義兄が本当に自然に外していた義歯を入れてあげているのが見えました。

 私はびっくりしました。夫にはこの真似は出来ないだろう、いいえ私だって出来ないと

思いました。じわっと目の奥が熱くなりました。もう二十年も前のことです。
 
 後年この話は何回も夫にしました。「あなたには出来ないでしょう。」と。

彼は黙っていましたが、今では夫も義兄に負けないくらい優しい人だったから、きっと

同じことが出来ただろうと思っています。

 最後にいっばいのお花に埋もれた義兄に心のそこからお礼を言いました。

 帰り道、義妹が

「お義姉さん私思いだしたわ。兄さんと最後のお別れをした時のこと。お義姉さんは、

涙も見せずに最後のお花を兄さんの顔の側に沢山おいて「じゃあ またね」って言った

のよ。私びっくりしたけどお義姉さんらしい、とも思ったから忘れられないです。」

 私は勿論全然憶えていません。

 あの時は悲しさよりも悔しさが私を支えていました。涙なんて出なかった。

半年も経ってから悲しくて寂しくて、それまでに溜まっていた涙が溢れ出し、涙って

どのくらいあるのだろうと、誰に遠慮することもなく、一人で毎日泣き続けました。


 そう。私最後に夫に「じゃあ またね」って言ったんだ。とてもいい言葉だと思う。

 有難う、こんな良いこと憶えてくれていて八年五カ月も経った今それを私に教えて

くれて、嬉しいなあ。義妹にそのことを思い出させてくれた義兄にも心からお礼が

言いたいと思いました。

 朝から真っ青に晴れ上がった春らしいお彼岸の一日でした。

 今頃仲が良かった兄弟で何を話しているのでしょう。

 「じゃあ またね」




nice!(9)  コメント(4) 

さくらさく  いつの日にか [随筆]

 今日は当地の県立高校の合格発表日です。

ニュースには合格して喜びの笑顔と、感極まった涙の顔が沢山写っています。

自分の番号がなくて、こっそりその場を離れるしかない寂しい生徒の姿はありません。

 この季節もう自分には縁のない事柄なのに、私の心は揺れつい思い出してしまいます。

あれからもう三十年を遥かに過ぎたのに、未だに穏やかならざる私がいます。

 「いつまでも執念深いねえ。」この時期いまだにくだくだいう私に娘はあきれ顔です。

もう時効だから.....とあの時のことを振り返ってみる気になりました。


 娘の高校受験のことで心配した記憶はありません。中学三年間部活のブラスバンドで

ひたすらフルートを吹いていました。三年になって何人かの友だちが塾にいくために退部

しても、フルートに熱中していました。学校も国立大学の付属中学だったのだけど高校は

なかったのでみんな県立を受験する予定でした。

 娘は六年生の一月、急に仲良しの友達が受験するというのを聞いて、自分も一緒にと

塾へ行く暇もなく付属中学を受験して合格し、楽しい中学生活を送っていました。

 私は高校入試の発表の日、会社に出勤し十時のお茶の時間に「ああもう発表だなあ。」

と思ったのをはっきり覚えています。

 三十分程して娘から電話が入りました。いつもと変わらぬ明るい声で「私の番号ないよ、

落ちたみたい」娘は確かにそう言いました。私は何を言っているのか一瞬理解が出来ず

にぽかんとしていました。

 恥ずかしいけれどその後の自分の行動を今でも思い出せないほど動転してしまいました。

そんな筈はないのです。先生だってただの一度も不安そうにな言われたことはなかったから。

 心配している私たちの前に夕方になって帰って来た娘は学校へ報告に行ってみんなと

いろいろ話していたのだと。前日卒業式は終わっていたけど、担任の先生から学校へ報告

に来るように言われていたらしい。

 えっ不合格の人も行ったのだろうか。でもそれはどうしても聞けませんでした。

娘はいつもと変わった様子もなく、言いたいこと聞きたいことを全部飲み込んで、多分引き

つって青ざめた顔の私に、にこっと笑って見せました。

 もうそれからの私は普通ではありませんでした。何かの間違いだと思い続け一人になると

口惜し涙を流し続け、その高校を呪い、先生を恨みに思いました。

夫も寂しそうでしたが娘と私に、人生は長いよ希望を捨てずに前を向いて行こうと、言って

くれました。その言葉さえ私は素直に聞けませんでした。

少し落ち着いてくると私は娘に「出来なかったのか?」「名前を書き忘れたのでは?」「体調で

も悪かった?」次々に問いかけました。

「出来てなかったから落ちたんでしょう。」娘のこの一言に私は我にかえりました。

一番辛くて苦しいのは彼女ではないか。それなのに涙も見せないしっかり自分のせいだと

言いきる娘の様子に、大人として母親としてとても恥ずかしい気がしました。

 不合格を納得出来ない何人かの同級生が浪人をすると聞いた時も、またぞろ貴女もそう

したら....と未練たっぷりに言いました。娘は笑って「私は自分の行く学校で頑張るから。」と

相手になりませんでした。

 仲良しの友もいない、志望したわけでもない高校へ娘は何のくったくもなく.....私にはそう

見えました....三年間元気に通い勉強以外のことにも頑張りました。部活のブラスバンドの

ほかに、ヤマハのポプコンの予選に出たり、読書感想文を書いたり、旺文社の高校作曲

コンクールで優秀賞を頂き、学校賞として大きなステレオが母校に、自分もコンポーネント

のステレオを頂きました。

 この高校だったからこそ、出来た経験だったのではと随分後になって私も思いました。


 そして卒業の年、大学は第一志望の国立外語大学に合格しました。

 遅れて来た「さくらさく」 私の人生て゛一番嬉しかった、待ちに待った瞬間でした。

 
  午後から雨になりました。今日受験に失敗した人たちの涙かもしれません。

でも貴方たちは人生まだ十五年生きただけでしょう。前途は洋々と長いのです。

しっかり前を見据えて進んで行って欲しいと祈らずにはいられません。


 それでも私はまだこの日、心の片隅で胸が疼くのです。
 
nice!(7)  コメント(4) 

夕暮れ時の立ち話から

 ひっそりと静まりかえったわが団地。造成から五十二年になります。

住人は年老いて、顔を合わすのはゴミ出しの日くらいです。

笑い話みたいな本当の話です。

ブラの日 紙の日 缶びんの日 ペットボトルの日 埋め立てごみの日は月一回か

二回、団地の所定の場所に持って行きます。

生ごみは各班ごとに週二回、近くの場所に出します。五班六十五世帯の小さな団地です。

 この団地も昔は運動会、花見や月見の会、忘年会、遠足と花々しく活動していました。

 時は流れて幾星霜、誰かに会えるのはゴミ出しの日とは寂しい話です。

ですからそんな時は話が止まりません。何しろみなさん半世紀に余るお付き合いですから。

 「元気?」と掛ける声もつい大きくなります。そして答えは決まって「あら久し振りね。元気?」

 そして病院通いをしながらだけどみんな元気?なのです。

 私よりも年上の人たちが、本当にお元気なので「よおし私も頑張らなくてはと元気を頂き

ます。

 先日日の暮れに外に出て、まだまだ固いさくらんぼの花をみていました。まだあちこちに

咲き残る山椿の紅色が唯一庭の色どりです。

 そこへ久し振りにKさんが通りかかりました。彼女の旦那様とは一時期一緒に仕事をして

いた私は、この団地に来る前からの知人で、四歳年上の尊敬し心許せる友人なのです。

 近くにいても滅多に合わないので、つい話が弾みました。「家にはいって。」というには

食事時で、家族がいるKさんを誘えませんでした。

 東京へ三カ月近くも行っていたと言うと、「もうそろそろ子供さんの所へ行くのでは」と又

ぞろその話になります。「それはないよ」笑いました。別れ際に「まだ泣いてる?」とKさん。

 私の一カ月あとにKさんも旦那様を亡しました。そして八年四カ月も過ぎました。

ずっと前にも同じことを聞かれたことがあって「うん毎日泣いてる」と答えたら彼女が笑って

「旦那様幸せね。私はもう泣いてないよ。」と言いました。

 その後で私は考えました。Kさんの旦那様は少し認知症が出ていて大変だったと聞いて

いたし年も八十四歳だったから、もう泣かないのかなあ」と。

 「今でも時々は涙がでるよ。馬鹿みたいでしょ」私は言いながらふと泣きそうになりました。

 Kさんは黙って私の手をしっかり握ってくれました。

 「人は思いだされている間は死なない」 私は先日新聞で読んだ言葉を思い出ました。

私はすっかり暗くなった道を帰っていくKさんの後姿が見えなくなるまで立っていました。

 
nice!(11)  コメント(12)