So-net無料ブログ作成

面影草  10 [短編]

 たった一人の王子様の出現に二人の生活は一変した。目が回るような毎日。
実家でみんなにちやほやされたボクには困った。
 抱きぐせがついて、とうとう私は一日中ボクを抱っこしたりおぶったり。
仕事が終わると風のように飛んで帰って来る彼を待って、買い物に出かけたり
食事の支度をしたり。こんな時彼の主夫ぶりには本当に助かった。
 こんなボクには振り回されながらも幸せな毎日が過ぎて行った。
 専業主婦の私は自分が思っていたより自然に主婦してるじゃない..と自画自賛
彼も予定通りのいい夫いい父として仕事も家庭も充実していた。

 三年後彼は仕事上のことで想像もしなかったトラブルに巻き込まれた。
自分が信じて積み上げて来たものが音を立てて崩れ去った。
自分の不注意ではなかったか。誰かに迷惑をかけてしまったのではないか。
 毎日苦悶する彼を私は黙って見ていることしか出来なかった。
 最初に彼から事の成り行き聞いた時から私は彼を信じた。彼の仕事を信じた。
そして私に出来ることは彼のために祈り続けることだった。
 彼は決断した。結論を聞いて私も彼の決断を正しいと思った。

 私たちは幸せな新婚時代を過ごした思い出のN市を去ることに決めた。
 彼か転職することにも、義父の気持の詰まった、そして私たちの魂の絆と思える
ほど愛着のある家を処分することにも、二人で悩み真剣に考えた末での人生の
一つの選択だった。
 それでもお互い言葉にはしなかったけれど、これから住むことになるМ市が二人が
出会って素敵な青春を過ごした懐かしい街、私の両親のいる美しい街であることが
何よりも嬉しかった。
そしてそれらは、さまざまな不安を抱えて再出発する私たちの大きな支えとなった。


 私たちは市の郊外に開発されたばかりの七十区画ある団地に第二の新居を構えた。
 夫は今までとは全く違う新しい仕事に必死に取り組み、私もボクも頑張っていつも
笑い声の絶えることのない、楽しい家庭作りに精をだした。
 顔が見たいと思えばいつでも逢える父母や弟たちや友だちが私たちの底力となった。

 ここで私たちは待望の女の子を授かった。

 私が希み想像していた色白で、目はぱっちりとはいかなかったけれど、可愛くて元気な
女の子。
 彼はまた子煩悩を絵に描いたようなパパになって、あれこれと世話をやき、自分も随分
元気を貰ったようだった。
 あの泣き虫だったボクも三歳になり今は優しいお兄ちゃんぶりを発揮していつも彼女の
側を離れず、女の子のようにお人形と遊んでいた。

 近所にも人が増え、子供たちにもいい遊び相手も出来、私もここで生涯の友ともいえる
心通う素敵な女性に出会うことが出来た。
 相変わらず苦しい家計との格闘に明け暮れる私。、時にはいらいらしても陽のあたる
縁側で仲良く遊んでいる子供たちを見ると、つい笑顔になってしまう。
 若い時、彼と二人で描いていた理想の結婚生活が、曲がりなりにも出来つつあることに
気がついて、胸の底の方からほんわかした暖かさが立ちあがって来る。
 そして変わらぬ彼の優しさを本当に嬉しく思い、また頑張る気持が湧いてくるのだった。





 

nice!(2)  コメント(2) 

金木犀やっと色づきました。 [随筆]

 朝玄関を出るとあの懐かしい香りが風とともに。

三日前には目を凝らさないと見えぬほど花は緑色。今年は金木犀が咲くのが

遅いと感じていました。
 
 酷暑と長雨、朝晩の気温の高低の激しさに植物だって調子狂うよと、ご近所と

話していました。

 それが今朝ほんのりと薄黄色に色を置き秋の香りをいっぱいに。

 私の好きな十月、庭では雨上がりが嬉しいのか小鳥の声もしています。

 十月は夫の生まれた月、彼もきっと自分の生まれ月を気に入っていたのだと

思います。

 その証拠にその十月を精一杯生きて十一月一日未明に旅立ちました。

そして私は十月が嫌いになってしまいました。

 でも時が経つにつれて、私たちの大切な人生の区切りの出来ごとも十月が

多かったことを思い出しました。

 そしてまた大好きな十月が戻ってきたのです。

 その十月もあっと言う間に半分終わってしまいました。

 黄金に実っていた稲もいつの間にか刈り取られ、背の高い鷺たちが落ち穂を

ついばんでいるのでしょうか、刈田をのんびり歩いています。

 毎日のウォーキングが終わる頃、西に沈む入り陽の美しいこと。不気味なまでに

紅い大きな太陽、少し曇っている日は濃い灰色の雲の中に沈んでいくその赤色に

魅せられて、毎日見ているのについ足を止めてしまいます。

 夜の月を楽しみに愛でていることは言うまでもありません。

 
 一人暮らしで、老老介護の苦労もなく、ただぼんやりと一日を過ごしている私は

贅沢といえば贅沢かも知れないと、ふと思うこともあります。

 しかしその代償は....と思うと失ったものの大きさに気がつき.....堂々巡り。

 これも私の人生なのだから仕方なし。もう少し頑張ってみましょうと。


 秋明菊も今最後の花たちが風に揺らいで、さよならを告げようとしています。

 穏やかな昼下がり、開け放った窓から金木犀の香りが忍びこんできます。

 

 
nice!(2)  コメント(4)