So-net無料ブログ作成
検索選択

青春の日よふたたび! [随筆]

 朝からすっきりと晴れ渡り柔らかな秋の日差しが降りそそいでいます。

昨日までの雨模様が嘘のよう。

 今日は年に一度の「マドンナ会」いまから半世紀も前ともに机を並べて

仕事をした職場の仲間たちが集う日です。


 役所の外郭団体の財団法人として発足以来六十有余年、その変遷は

激しくて、今はその名も変わり事業は細々と続いているものの、人手に

渡りながらも姿を残していた事務所ビルも、とうとう取り壊されて昨秋から

マンションが建てられています。


 昭和三十年頃、女性は定年まで勤める人は珍しくて、四、五年働いて

年頃になると結婚退職していた時代です。


 そして二十数年前、退職した人たちが子育ても終わり、少しゆとりも出

来たからと、誰からともなく話が出て女子だけの退職者の会ができました。

 最初は二、三年に一度の割合で開催して、出席者も多く昔話に花が咲く

楽しいひとときを過ごしていました。

 しかし時が過ぎ親の介護から配偶者の世話へと忙しくなり、ついに自身の

健康も危うくなった数年前から、「生きているうちに会いたい」という年長者の

意見に賛同して毎年の開催となりました。


 昨年十回目の区切りのいい所で、もう止めようかということになった時、そう

大袈裟に考えずに、気軽に集まって食事してお茶でも飲む会にしたらどうかと

いう意見に皆が賛同して今年を迎えました。

 簡単に電話で出欠を聞き、十人位はあつまるかなあ、と心配していたのに

何と昨年とほぼ同数の十六人もの出席者。

 一見みんな元気そうで、八十六歳を筆頭に七十二歳までの仲間の笑顔です。

 近況報告も生き生きと、家に籠っている人は殆どいません。

 料理囲碁、フラダンス、コーラス、カラオケ、俳句、短歌、川柳、洋裁、水泳

などなど。

 
 それでも「お薬は飲んでいますー」と誰かが言ったので爆笑となりました。

 
 その昔の職場の様子は忘れかけていても、ひとつ糸口が見つかって誰か

が話出すと、皆がああそうだったと一瞬で花の働く乙女に立ち戻るのです。


 二時間半の会食が終わっても名残惜しくて誰も席を立ちません。

 幹事さんの機転で近くのカフェに席を移すことになりました。所用があった

二、三人除いて皆が移動しました。

 ここでまた一時間余り、お喋りは尽きることなく続きました。


 楽しい時の過ぎるのは早く、また来年を約束して家路に着く頃は、暮れ易い

秋の日も傾きかけて、暖かい思い出を又一つ積み重ねた私たち仲間を、優しく

見送ってくれているようでした。 

 
nice!(2)  コメント(6) 

高原の町はもう秋模様 [随筆]

 文化の日は晴れる! 本当に美しい朝の空を見上げて溜息ひとつ。

何の予定もないこんな日は寂しくて切なくて恨めしい。

 若い時は祭日など家に居たことあったかしら。ずっと前から計画して、兎に角

出かけました。

 あの頃一緒だった家族も遠く、友も今はもうそんな元気はないのです。

 家事も一通り終わってごろんとしていた十時過ぎ電話が鳴りました。

「お久しぶりです、元気にしてますか。」一年振り位に聞く懐かしい友の声です。

 あまりにいい天気でドライブでもしょうかと思うのだけど一緒に行きませんか。

どこへでも行きたいところがあったら言って下さいとのこと。

 夢ではないかと思うくらい嬉しくて、「行く行く何処でもいいから連れていって。」

三十分したら迎えに来てくれるとのこと、私は大慌てで支度をしました。
 
 海でも川でも街でもと言うことでしたが、考えた末二時間足らずで行ける高原の

町にいくことにしました。


 彼女は年が一回り以上も若い友だちで、人柄も素敵な上に国立病院の看護師

として頑張り昨年定年退職しました。今は医療専門学校の教師として新しい仕事に

張り切っています。

 運転の腕前ももなかなかのもので、久し振りのことで喋り続ける私の話も笑顔で

聞いてくれるのです。


 街を過ぎてくねくねと峠に向かう坂道もすいすい、鬱蒼とした杉の林や松林を通り

ぬけて視界が開けると風にそよぐ銀色のすすきの原が続きます。

 咲き残ったこすもすの花もあちこちに見えて、ご機嫌な私。

 眼下の谷底から目を移すとはるかに光る海も見えて、ドライブも最高潮です。

 まだ紅葉には早いようでしたが、所々には少し色づき始めた紅い葉も見えて

秋の風情を感じることもできました。

 山際の小さい流れは落ち葉と木漏れ日を乗せてゆるゆると流れ、透き通った

水は手が痛いほどの冷たさでした。


 到着した町の真ん中は、はさすがに人が溢れ道の駅や物産館は活気に満ちて

いました。

 私たちも地元の野菜や果物や山の清水で育ったという新米買いました。

 食事をしたり、コーヒを飲んだりのんびりと高原の町で秋を楽しみました。


 思いがけなく楽しい一日を過ごさせてくれた友の優しさを、本当に嬉しく思うと

共に、持つべきものは友だち....と感じ入った私です。

 「またね」にこにこと手をあげて帰って行った友の車を、感謝の気持で見送り

ました。

 もうすぐ本当の秋を連れてきそうな風が、やさしく足元を通り過ぎて行きました。
  
 

 


 








nice!(0)  コメント(2) 

霜月にひとり [随筆]

 九月初めから咲き継いできた秋明菊の最後の二輪が散りました。

霜月の声を聞いた途端に秋が来たようです。

 空はどこまでも高く澄み渡り、吹く風も時には冷たく通り過ぎていきます。

 一日は夫の祥月命日です。偲び偲びつつ早くも九年、随分元気になった

私ですが、年を経て彼よりもはるかに年上になってしまいました。

それでも大好きなお花をいっぱい持ってお墓へ行きました。

 毎月のことなのにやっぱりいつもと違う気がして手を合わせると様々な

感慨が胸をよぎります。

 何かある度にここに彼がいたらと何度思ったことでしょう。寄り添って歩く

同年配の二人連れが羨ましくてつい目をそらしてしまう自分を可哀そうにと

慰めている自分。

 月日を重ねても決して遠くならない夫のことを、それでいいのだと言い聞かせ

ながら、ひとりで歩いていくしかないのです。


 幸い私には二人のいい思い出が沢山あります。後ろ向きた゜と言われても

これは私の特権だと思っていつでもそこに逃げ込みます。

 そこには若かったふたり。子育てに悪戦苦闘していた頃の。単身赴任地から

電話でお互いの様子を話合った頃の。子供たちが巣立ち心おきなく好きな

趣味に没頭していた頃の。そして突然の病に倒れ、想像だにしなかった早い

別れの日までのふたりだけのわが家での一カ月。

 私の脳裏には、その時々の幸せなふたりの姿が鮮やかに甦ってきます。


 静かな霜月の夜です。叢雲に月の姿はみえません。

 





 
nice!(0)  コメント(2)