So-net無料ブログ作成

面影草  14 [短編]

  楽しく充実している年月はみるみる過ぎていくものなのだ。
 
 彼がまた転勤になった。今回は職場の責任者ということになり、家を離れる
寂しさよりも、彼が張り切っている様子が垣間見えて私は少し不満だった。
 この時これから後、七年間の単身赴任が続くことになろうとは思っても
みなかった。

 今度は瀬戸大橋を渡って岡山県の星の美しい町だ。車で三時間はかかる。
着任の時は私も一緒に行った。かなり高い山の上に忽然と現れた施設は立派で
広々として自然が大好きな彼はすぐ気にいるだろうと思えた。
「いいなあ。ここならちょっと歩けば野草や山菜が沢山ありそうだ。」
案の定彼はきらきらした目で私を見た。
 私はごめんだ、遊びに来るのなら楽しいだろうが住みたくはない。
宿舎も素敵でマンションのよう、一人で住むのは勿体ないくらいだ。
 彼が生活に必要な諸々のことを二人で準備したり、車で十五分町に出れば
何でもあって不自由なく生活出来そうなので私は少し安心して家に戻った。

 一日の仕事を終えて誰もいない家に帰るとやっぱり一人は寂しい。彼も同じ
思いだろう。新しい職場で張り切っていても家に帰れば「お疲れ様」の一言が
欲しいのではないだろうか。それとも案外うるさい私がいないのをいいことに
羽を伸ばしているだろうか。
 生活のために、子供たちの学費のために働いていた時は考えてもみなかった
ことを考えたりする。私に少し余裕ができたからか、それとも年のせいか
仕事が嫌になった訳でもない。

 私も二十年余働いた。老境に入りつつある二人が離れ住んでまで働くべきか。
仕事を辞めて彼のところへ行こうか。
 社長からは辞める時は半年前に言ってくれ、と冗談まじりに言われていた。
総務も会計も一人で引き受けて二十年、本当に居心地よく働いた会社だ。
辞めたいなど思ったこと一度もなかったのに私は決意した。
 突然の話に驚きつつも、彼や子供たちは「お疲れ様。これからは自分の
好きなようにしたらいいよ」と賛成してくれた。

 半年後の早春、職場のみなさんの暖かい拍手に送られて大きな花束を胸に
私は二十年余通い続けた会社を後にした。
 
 本当の自由を得て胸いっぱいに吸い込んだ空気、やりたいことやるぞ!
その気持ちも一か月経つと後悔に変わった。いろいろな手続きが終ると
何もすることがない。仕事がしたい、ああ会社辞めなければよかった。
 すぐにも彼の処へ行くはずだったのに、それもせずに悶々としていて私は
見つけてしまった。
 カルチャースクール。あったあったやりたいこと。
「時々様子見に行ったのでいい」私はここに居座り「亭主元気で留守がいい」
生活を満喫することになった。
 月二回ほど帰って来る彼と、彼が向うへ行く時車で一緒に行ってしばらく
滞在して主婦らしいことをやってお茶を濁していた私。
 ずいぶん我儘だったけれど老境の入り口で、呑気な私の青春がそこにあった
ことは紛れもなかった。
 

nice!(5)  コメント(2) 

しのびよる春の気配 [エッセイ]

 昨夜当地には珍しい雪ダルママークの天気予報を見ながら洗濯をするか

止めるか迷っていました。でもその後も同じ日が続くというので、よしと

そのうち乾くでしょうと。

 今朝目が覚めた時肩口が寒いと感じました。こんなことはこの冬初めて

のことです。

 空は鉛色の雲が垂れ込めて、風もかなり吹いていそうです。

 いつもは朝日がさんさんと降りそそぐベランダは、冷たくてしっかりと

着こんだ私をあざ笑うように、風が東からまともに体当たりしてきます。

 ああ洗濯止めたらよかった、たった一人のちょっぴりの洗濯もの、なんで

こんな寒い日にするんかい。自分に言いながらそれでも干し終わりました。

 ところが雲の隙間から陽の光がさーとさして辺りが明るくなりました。

ええ嘘でしょう。と思いつつにんまり。心なしか風も弱まった感じです。

 私はほっとして何気なく下の庭をのぞき込みました。

そして目に飛び込んできたのは数輪の白梅の花です。気高く凛として。

 数日前はつぼみも固いと思いながらみたのに。この梅の花は小さくて

気をつけていないといつの間に咲いてしまったの?と思う年もありました。

 急いで庭におりてみました。水仙はの花はまだまだ元気です。さくらんぼ

のつぼみは固くて少しがっかり。でも見つけました。いつもの垣根の下に

ひっそりと薄紫の寒あやめが一輪。

 寒い寒いと庭をみる余裕もなく縮こまっている私を励ますように。

つい昨日も訪ねてきた友が、椿咲いているよと教えてくれました。

 夫の大好きな椿が花開いたのに、そそくさと出入りする私は、大切なその

花にも気がつかなかったのです。

 自分のいい加減さに呆れてしまいました。

 こんな私なのに自然はなんて素晴らしいのでしょう。どんなに寒くても

ちゃんと時期がくると自分の本分を全うするのです。

 日差しはどんどん広がり青空さえ見えてきました。本当に雪がふるの?

暖かいこたつに潜り込んで、私の心も体もほんわかしています。


nice!(7)  コメント(4) 

面影草  13 [短編]

六年ぶりの転勤で彼は我が家に帰ってきた。
充実していたこのところの私の一人暮らし。まわりの人たちの声は
「大変になるよ。勝手気ままにやってきたことが癖になっているからね。」
私はそんな声を聞きながら、なんだか浮き浮きしいいる自分の気持を
大切にしたいと思っていた。

 ところが職場の決まりで管理職は自宅があっても、一応施設にある
宿舎に入らなくてはならないとのこと、結局市内別居ということに
なってしまった。
 彼は少しがっかりしたようで、知らなかったなあとつぶやいていた。   
ほほほ、やったね望むところだ。神様は私の味方私の自由は確保された。
 こうして彼は立派な3LDKにひとまず落ち着いた。
肝心の食生活も施設の食堂を利用すればいい。
 私は彼の世話など何ひとつすることもなく、いざという時には電話
一本で駆けつけてくれるほどの近く彼がいてくれるのが嬉しかった。
 本当は自分が楽することばかり考えていた私だったのだ。
 彼は休みになると帰ってきて庭の手入れに余念がなかった。
見捨てられていた木や花たちはみるみる元気を取り戻し、そんな庭を
見ている彼の眼は、優しくて幸せそうで、そんな様子の彼を見る私も
ずっと忘れていた心のゆるやかさのような、安堵感に充たされていた。
 彼が忙しいときには私が行って、ご馳走を作ったり、掃除や洗濯を
するのも楽しかった。
 ふとあの赤い屋根の小さな家で過ごした若い日々を思い出したりした。
 
 そして計画されていた彼の施設の二年をかける改築工事が始まった。
すっかり忙しくなった彼はほとんど自宅へ帰れなくなり、私が彼の処から
職場に行くこともしばしばあり、私もそうのんびりとはいかなくなった。
 東京で働いている子供たちとも、新年や夏休みに帰省した時に会う
くらいで、それでも充実していた頃て゜はなかったろうか。

 二年後施設は立派に出来上がり、盛大な行事が次々に行われ職員たちも
晴れ晴れと元気に笑顔で営業を再開することができた。
 彼も忙しかったけれど、大きな仕事をやり遂げたという満足感があった
だろうと私は内心彼に尊敬の念とともに、羨ましさも感じていた。

 そして人事異動がありやっと彼が我が家に帰ってきた。
この頃、仕事にも少し余裕ができたという彼を誘って休みによく出かけた。
 もともと旅好きだったから、相談はすぐにまとまっていつでも飛びだせた。
 「結婚以来初めてだね。お金のこと考えずに思ったことが出来るのは」
 思えば三十年近い厳しい月日を二人で歩いて来たのだ。
その間少なくとも私は大きな不安や不満をもったことはなかった気がする。
 今横にいる彼はすっかりおじさんになって鬢のあたりに白いものも見える。
私だって友人の中でどちらかといえば一番汚くなった。
 遠くに見える山、少し走れば穏やかな海の青い色。大好きなこの街で
自分の仕事があり、家族が健康で、こんなに素晴らしいことがあるだろうか。
 私は今この時を大切にしたいと心から思った。
  
nice!(4)  コメント(4)