So-net無料ブログ作成

面影草  終章 [短編]

 川岸の桜並木の花は蕾の先か゛膨らんで紅色が覗きかけいる。
水の流れは清らかな早春の日差しをいっぱいに流れている。
遥かな山の頂には、うっすらと残雪が見え、どこからか小鳥の囀りが聞こえる。
 まだ冷たい川風に頬をつつかれて我に返った。
 私はこの川原のベンチにどれ位座っていたのだろう。

 老後を楽しく思うままに....という私たち夫婦のやり方で自分流を満喫していた。
二人とも元気でまだまだ若いと思っていた。
 でも彼が生まれて初めての病に倒れた。それと気づかぬまま検査を受けた時には
もうなす術もなかった。
 だから苦しい検査も治療も何ひとつしなかった。
 彼は私の前では決して泣き言は言わなかった。いつも大丈夫そうな顔をして
逆に私を励ましてくれた。
 一か月で退院して自宅療養となった時も、気分のいい日は庭で簡単な剪定の仕方を
教えてくれたり、うどんの出汁を作ったり、私に看病という実感はなかった。
 私のしたことは、毎日の食事を心を込めて作ることだけだった。
 二人ですごした最後のあの大切な日々、もっと彼のために為すべきことがあったの
ではないか、今も私の心の底にその思いはずっと重く悲しく沈んでいる。

 その朝少ししんどいと言うので、急いできてくれた弟の車に自分で歩いて乗った。
そしてそのまま入院して様子を見ることになり、緊急事態ではなくてほっとした。

 その明け方先生も予測できないまま、突然彼は本当に安らかに旅立ってしまった。

 あの時彼の手をしっかり握っていた最後の別れから、私は一滴の涙も流していない。
いや涙は出なかった。人は本当に悲しい時、涙は出ないものだと身をもって知った。
 彼が逝って半年も過ぎた頃朝のお参りをして、何気なく彼の写真を見た時突然涙が
溢れた。
 少し笑っているあの眼差し。彼に関わった半世紀近く私は満足していた。
でも彼は.....私は彼の望んだような妻だったろうか。
 いいえ我儘で意地っ張りで、ちっとも優しくなかった。
私は後悔の念に苛まれた。今更もう遅いのに。
 彼がいなくなって初めて出た涙。止まらなかった。それから毎日泣いた。涙って
どの位あるのだろうと本気で考えた。
 食事もしない、眠れない、どこに居ても何を見ても彼の姿がついてくる。
 ある日ふと思った。彼が今の私のこんな姿を見て喜ぶだろうか。悲しいに違いない
どんなに心配しているだろう。

 私はうつ病の一歩手前で踏み止まった。
子供たちや兄弟、友人たちの励ましに支えられて少しづつ自分を取り戻していった。

 春が何度も巡った。
 毎朝一番に大きな声で挨拶をする「おはよう!」彼はいつもにこにこ現れる。

 遠い遠い日初めて二人がデートしたあの川原に座っている。
町の様子はすっかり変わった。でも自然は昔のままここにある。
 そして彼もあの日よりは少し年を取ったけれど、今確かに私の隣に座っている。
 「絶対に待っていてね。もうすぐ会えるから」

 淡い青い春の空、桜の花が川岸を桜色染める頃、私又ここに立っているのだろう。

nice!(6)  コメント(5) 

名のみの春に danの繰り言 [エッセイ]

 テレビニュースで桜の開花が例年より遅いと告げています。

そうですね。そこまで来たと思った春が足踏みを続けています。晴れた日と

そうでない日。朝晩と日中の寒暖の差の激しいこと。

 そんな中で昨日は珍しく朝から暖かい日差しが降り注ぎ、なんだか浮き浮き

していました。

 そして突然庭の雑草引きを思いつきました。取りあえずは気になっていた玄関

周り。椿のしたに青々と柔らかな雑草が生えています。今はきれいだと思える位。

でもこれが成長すると手がつけられなくなってしまいます。

 移植ごてと小さな鍬、こんな道具はなくても前日の雨で簡単に手で引けると...。

しゃがみこんで一時間半、思ったより面倒くさくて、しんどくて、腰まで痛くなり

ました。最初は鼻歌など歌っていたのに、すぐに嫌になりどうして私がこんなこと

しないといけないの。好きでもないのにと不満で頭がいっぱいになりました。

 それにご近所の誰かに見られたら、きっと腰を抜かすくらい驚いて言うに違いない

「あれぇ どういう風の吹き回し嵐になるから止めて」

 そう、そのくらい私のノラは自他ともに認めるところなのです。

あともう少し反対側が残ったけれど、今日はこれで終わり。もう無理です。

 思ったより汚れた手と顔を洗い服も着替えました。熱い紅茶を入れてのんびりと。

リビングから庭の椿がみえます。小さな赤い花我が家の椿の中で一番目立たない木。

梅やさくらんぼが散って、庭が寂しくなったころ咲くのも一番最後、

 今日はその花が愛おしく思われました。

 一休みするとじわっと満足感がわいてきました。嫌々の作業だったのになんだか

元気が出てきました。何かをやり遂げた充足感なのでしょうか。

 そして時間があれば庭にいた夫のことを思いました。その気持が少し分かった

気がしました。好きなことやっていたのだもの。


 先日来珍しく続けざまに来客がありました。団地自治会の方々、初めての知人。

私はこの人と思う人ならすぐ上にあげてコーヒーなど一緒に飲みたい人なのです。

 そしてテーブルの花や、部屋の調度品、絵や置物、コーヒーカップなどに適当に

興味を示す人と気が合いそうな気がするのです。

 いつも来る友だちはそういう人ばかりなので、今までこういうことを考えたこと

がありませんでした。

 ところが先日の来客はみなさんこういうことに無関心のようでした。

前日に友が届けてくれた白木蓮の花を大ぶりの花瓶いっぱいに活けて、リビングには

その甘い香りが漂っていたのに。

 それぞれ小一時間話して帰られました。

 何に関心がなくてもあの白木蓮をみてきれいだと思わない人なんているのかしらと

しばらく考え込みました。

 私の考え過ぎか、人はそれぞれなのだから、色々な人がいるよなあ。と思ったり。

 「ああ好い香りですね。美しい花ですね。」みなさん思ったけど口に出さなかった

だけなのかもしれません。

 そして私の友人たちはなんて情緒あふれる人ばかりなんだろうと嬉しくなりました。

 私が草引きなどしたせいでしょうか、今日も肌寒い曇り空で春の気配はありません。







nice!(5)  コメント(2) 

ゆったりのんびり思い出路線 [エッセイ]

 今年になってから一番春らしい日。空には雲一つなく気温十五度、風もありません。

数日まえからの天気予報に違わず快晴、つい嬉しくてにんまりの私です。

 義兄の一周忌法要に出かけます。「子供たちと孫だけでやるのだけど、よかったら

来てほしい」義姉からの電話で他人?は私だけと思いつつ即座に「お参りさせて」と

答えていました。

 訪ねる家は夫の実家、結婚した私たちの家が完成するまでの十日ほど、ここで父母

と四人で過ごした懐かしい家です。

 義兄がなくなる少し前、大々的にリホームしたから一度見に来てと言われながら

父母も夫もいない今更と思いつつ、そのままになっていましたがいつかは訪ねたいと

思っていました。

 ここからは各駅停車の電車で一時間半、一人旅で退屈するから特急でおいでという

義姉に私は電車の旅が大好きだから、のんびり行きますと。

 その日一輛だけのワンマンカーは、ざっくりいっぱいの乗客を乗せて出発しました。

 始発駅から窓に射すうらうらと優しい早春の陽の光の中を十分も走ると車窓には

瀬戸の海が広がります。

 青く澄んで濃く薄くたゆたう波は静かで、水平線で同じ色の空とひとつになります。
 
 遠くかすむ島影も、ぽつんと立つ赤い灯台も見ていると何故か切なくて泣きそうになり、

反対側の窓をみると、広々とした畑や田んぼ、点在する家々、かたまって咲く菜の花の

黄色が。川岸に咲く緋寒桜だろうかその紅色の美しいこと。

 私は目を閉じました。夫の住む町と私の住む街を結ぶこの路線には、二人だけの青春が

いっぱい詰まっているのです。

 一か月に一度会えない時もありました。駅での別れの寂しさは今思い出しても切ない。

 電車に揺られながら若かった頃に帰ってほんわかしている自分に気が付いて苦笑い。

 そうこの距離が昔は二時間半もかかったことも思い出してしまいました。

 実家では義姉や姪たち一家に歓迎してもらって、血のつながりがないのは私だけ状態

にも拘わらず楽しいひと時をすごしました。

 さすがに農家の広い家のリホームは、間取りは畳の部屋はひとつ残して、後はすべて

フローリング、今は必要ない車いすがゆうに通れる仕様です。

 外観は玄関の引き戸も今風で焼杉と瓦屋根が不思議な感じでマッチしていい感じです。

 二階の夫の部屋もすっきりした洋間になっていました。

昔「僕の部屋」だと初めて案内された畳の部屋の隅っこにおいた小さな文机と、壁際に

おいた大きな本棚に、難しい本がびっしり詰まっているを見てびっくりしたこと突然思い

出しました。

 私は小説ばかり読んでいたから、心配になったのでしょう。

 この家を夫に見せたいと思いました。彼はきっと喜んでいるでしょう。

義兄ももっと長くここに住みたかっただろうと思うと、切ない気持になりました。

 帰りの電車はゆったりのんびりと、何も考えずに今日はいい一日を頂いたと、感謝の

気持を胸に、夕影の色増した穏やかな瀬戸の海をぼんやりみていました。






 




nice!(6)  コメント(4) 

面影草  15 [短編]

彼と私のそれぞれの生活が始まった。理由もなく単身赴任してもらっていると
いう後ろめたさはいつしか消えて、私は一人を満喫していた。
 私の母が近くで一人暮らしをしていて、毎日のように様子を見にいっている
ことが私のなかでは少し心の負担を軽くしてくれていたのかもしれない。
 こういった生活について、彼も特に不満を口にはしなかったし、私も訪ねた
時の彼の仕事ぶりに安心していた。
 休暇が取れると二人でよく旅をした。私の母も連れ出して車で、列車でそして
飛行機で。
子供たちも東京に居を構えたので春や秋に誰からともなく話が出て、家族揃って
旅に出たこともあった。
 その合間を縫って私は古い友達と海外にも出かけた。
彼は外国は嫌だと笑って、一人で出かける私をのために空港までの送り迎えを
してくれた。
 私は結局彼が退職するまで彼と一緒に暮らすことはなかった。
二人ともその距離感の心地良さに慣れてしまっていたのかもしれない。
 
 彼は定年まで働いたら即リタイアして、のんびりと余生を送りたいといつも
言っていた。
少し早めに退職すれば後四年か五年関連事業に就職する道を殆どの同僚は選んだ。
 彼は言葉通りきっぱりと職を辞して嬉々として五年振りの我が家に帰って来た。
 本当にお疲れ様でした。家族のために頑張ってくれた、健康だったし離れていても
私たちに何ひとつ心配をかけることもなく、私は感謝の気持でいっぱいだった。
 二階の自室に運び込んだ荷物の多かったこと。彼が欲しがっていたものすべて
揃っていた。多趣味の彼がこれからここで過ごす日々には充分過ぎるほど。
 私は二人で頑張ったあの若かった日々、励ましあって切り開いて来た我が家の
歴史を胸が痛くなるような感動とともに思い起こしていた。
 彼は感傷に浸る間もなく乞われて町内会長を引き受け、あっという間に「浦島」
状態から抜け出て、いろいろな行事もこなして生き生きと毎日張り切っていた。
 私は何だか遅れてきた新婚気分で、今までの罪滅ぼしとばかりに頑張った。
 彼は自分流を貫き庭の手入れ、日曜大工、家の中の不具合は何でも修理できた。
趣味の切り絵も年に一回の東京上野での展覧会には大作を出品した。上京すると
一週間くらいは滞在して子供たちと温泉へ行ったり「命の洗濯」を忘れなかった。
 ハーモニカも教室の仲間と発表会に出たり、お年寄りを慰問したり楽しそうに。
若い頃から好きだったクラシック音楽や、演歌も好き、歌えば結構上手だった。
 版画、スケッチ、篆刻、まあなんて多趣味、私はただあきれ返ってみていた。
 穏やかな日々が静かに流れて、彼が夢に描いていた余生は永遠に続くものだと
私は信じていた。


 

 


nice!(2)  コメント(0)