So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

きょうだいって やっぱりいい! [エッセイ]

  先日姉弟が実家に集合して母の十七回忌法要を終えました。

みんなが揃うのは四年ぶりです。

 法要に関するすべては長男であり実家に住む弟が義妹と二人で奮闘してくれて

私の出る幕はありませんでした。

 長男夫婦、神戸から次男夫婦、横浜から三男夫婦、そして残念ながら私だけひとり。

 法要を終えてお昼は賑やかに老舗割烹で美味しい料理をいやというほどご馳走になり

酒豪の三男はこれも酒豪の甥と二人で随分のんでご機嫌でした。

若い頃に比べたら大分弱くなったと言うのですが、何故か兄弟でひとりだけお酒が強い。

 夜は実家でみんなで寝ました。

 私が夫と付き合い始めたころ長男が東京大学へ行くため家を出たので、下の弟たちは

すぐ夫と仲良くなりました。

 そんな昔の話や祖父母や父母と賑やかだったころのことなど、懐かしい話がいっぱいで

笑いが絶えません。

 三人の義妹が口を揃えて、結婚して最初に思ったことは、「ここの姉弟は気持ちが悪い

ほど仲がいいということ」だったと言ったのでまた大笑いになりました。

そう言えば夫も同じことを言っていました。彼は私の弟たちよりむしろそのお嫁さんたち

と仲良しでした。

 結婚して数年、転勤などでこの街を離れるまでみんな一緒のときもありました。

 今はみんな孫たちの話題で持ちきりで、孫のいない私は「おばあさん」でないと上を

向いていました。

 夜の更けるのも忘れて楽しい時間を過ごしました。

 翌日は次男夫婦が、次の日は三男夫婦が我が家に泊まってくれました。

「兄さんの話はするな、もう泣くな。」二人はそう言いながらも、長いこと仏壇に手を

合わせてくれました。  私やっぱり涙がでました。

 この一週間少し疲れたけれど私にとっては久しぶりの楽しい時間でした。

 次にみんなが集まるのは兄さんの十三回忌だと誰かが言って....。

 どうも東京オリンピックの年らしい。

 「私頑張ってみる」と秘かに決心しました。

 みんな帰って、今日も五月半ばだというのに夏日の二十七度。暑い夏がそこまで来ています。












nice!(3)  コメント(2) 

大好きわが街 [エッセイ]

 わが家に帰ってきて今日は二日目です。

昨日はとにかく留守の間のもろもろの処理。二週間足らずだから留守電は数件です。

親しい人には周知済みなのでたいしたものはないのだけど、今回困ったのが一件。

「帰ったら知らせてね。」

私が出かけたのを知っている人らしいけど声に心当たりがありません。

次は、心ばかりのお土産を届けた家で十分づつ話しても.....。ふふふ。

 家の周りの道路の継ぎ目から生え出た雑草が、留守の家を強調するように青々と

茂って?います。しゃがみこんで四、五十分。私のもっとも不得手な分野ですが仕方

ありません。でもすっきりきれいになりました。

 冷蔵庫もからっぼ。スーパー買い物いっぱい。

 一番大切なこと。バイクで一走り。

「帰って来たよ。子供たちも元気だったよ」お墓へお参りして報告を済ませました。

 早めにお風呂に入って昨夜はわりとぐっすり眠りました。

 今日は少し疲れた感じだけど予定があります。

昔夫が立ち上げた切り絵の会の展示会が、デパートで開催されていてその案内状が来て

いました。

 お昼過ぎに会場に行くと今年八十五歳になられた会長のNさんが笑顔で待っていてくれ

ました。懐かしい会員の方たちの名前と力作をみていくうちに涙が溢れてきて止まらなく

なりました。

 もう十七年、発足当時の六人は今もお元気で、新しい会員さんと会を続けています。

 夫もこの場にいたら、どんなにいいだろうと考えていたら、つい不覚の涙が....。

 気持ちを切り替えて、久しぶりの商店街をひとりで歩きました。

 途中に全国的にも有名な「鍋焼きうどん」の店があります。うどん玉がなくなったら

閉店という店でなのに今日はのれんが見えました。

 二時近くになっていてお腹もすいていたけれど、私は一人でお店にはいれません。

街に出てもごはん時でも飲まず食わずで一目散に家に帰る意気地なしなのです。

 でも今日は何だか勇気が沸いてきました。格子戸を開けると女性ばかり数人います。

そして初体験、一人で鍋焼きうどん食べました。五百八十円、おいしかったです。

 元気が出た私は電車通りから、堀端まで足を延ばしました。

堀の岸辺の若緑の木々や、つつじのピンクの花が水に映って、本当にきれい。

県庁の後には燃え上がるような緑いっぱいの城山、見上げると青空に映える白い天守閣。

 ああ私の大好きな風景。

 この堀端を若い時の私夫とよく歩いたなあ。ちょっとセンチになって。

 私はこの街が好き、だからどこにも行かない。一人でここで頑張りたいなあ。

終の棲家はこの街の我が家。家族の思い出がいっぱいいっぱい詰まったこの家。

 さあ明日からは少しのんびりと、東京での遊び疲れを取らなくては。

早くものらの本性が現れ始めた私です。





 

nice!(5)  コメント(2) 

私のゴールデンウイーク [エッセイ]

 働いてもいないのにゴールデンウイークと言っていいのかと少し気になります。

 とにかく毎年子供たちに会いに上京します。

 迷惑なんだろうなあとか、いいえ楽しみに待っているはず。本当は私が東京

行きたいのでは。などなど考えつつ張り切ってやってきます。

 いつもは私が来てからさあ温泉はどこにすると、あれこれ気がもめるのに今回は

すでに予約がしてあって早速箱根湯本温泉へ行ってきました。

 ロマンスカーの車窓に初夏の陽の光に輝く真っ白の富士山を見た時は、しばらく

息をするのを忘れていました。

 どこから、いつ見ても富士山は世界一の大好きな山です。

 今は若葉も美しくて光り輝いています。その上この晴天空はどこまでも青い青い。

 箱根湯本駅を出て、宿に向かって人の波の中を少し興奮気味に歩きます。

でも街の喧騒から抜け出て川に沿って進むと、美しい川の流れと向う岸の森の緑色の

木々の重なりが、風に揺れて波のように揺らいでいます。

 濃いの薄いの、明るいの暗いの。ええっ緑色ってこんなに種類があったっけと

感動さえおぼえます。

 川は水の棚田のように石で囲われてゆるゆると流れていきます。石の上を小さな

水鳥がついついと飛んで餌を啄んでいるのでしょうか。見ていると足が止まりそうです。

 チェックインしてから相談がまとまり、登山電車で遊んできましょうと。

 郷愁を掻き立てられそうな可愛らしい赤い電車、何度か乗ったことはあったのに

久し振りのせいか新鮮な気持でした。

 スイッチバックを繰り返しながら登っていきます。ああずっと昔、紫陽花の季節に

夫と来たのを思い出しました。

 窓から見下ろすと遥か下に谷川の流れが見えて少し足がすくみそう。

 途中下車して美味しいコーヒーで一休み。楽しいミニ旅は心の中をとてもきれいに

楽しくしてくれました。

 時間いっぱい遊んで、遊び疲れた体に楽しい夕食、つい箸が進んでしまいます。

お目当ての温泉は午前二時まで源泉かけ流し、部屋のお風呂も温泉という嬉しさ。
 
 せせらぎの聞こえる部屋で子供たちと久しぶりの語らい。まあ喋っているのは

私だけのようですが。

 夜が更けても興奮気味の私はなかなか寝付かれません。

 幸せなのですよね私。心の中でそっと夫に語りかけます。


 二日目の箱根も快晴、若葉は緑色に輝き、空はあくまでも青い、楽しい旅は

 必ず嬉しい思い出を連れてきてくれるのです。


 私の東京でのゴールデンウイークも半分終わりました。さて後半は 乞うご期待。


nice!(2)  コメント(2) 

2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ