So-net無料ブログ作成

雪がちらちら寒い日曜日 [日記]

 二十二日目にわが家に帰り、色々やるべきことをしてやっと落ち付きました。

遅ればせながらやっぱり年賀状を読むのは楽しいものです。

皆さんの変わらぬ様子に安心しつつ、正月気分にもどります。

 東京での三週間は締めくくりの別所温泉の雪景色の素晴らしさが象徴的

で満足なものでした。

 今年も頑張ろうと元気が出て来ました。気がかりな病気の友もいますが、

出来るだけ見舞って早く元気になりますように念じています。

 留守を頼んでいた弟夫婦も教は早速来てくれてスーバーで買い物もして

来ました。二人ともまだ週三日ほどは仕事をしていて生き甲斐だといいます。

 私もぼつぼつブログなど綴りつつ楽しい日々を過ごせたらいいなあと。

 帰った日にお墓にお参りして、東京での子供たちの様子や親友のことなど

報告を済ませました。

 久し振りの一人の家の中は少し寂しいけれどこれは仕方なし。

 雪の中の県別女子駅伝みてスポーツ好きの私の日常に戻りつつあります。

 少し薄日が差してきました。明日は晴れるのでしょう。
nice!(2)  コメント(6) 

年の瀬、今年も東京で越年です [日記]


 少し早いけれど色々あって東京へやってきました。

東京で年の瀬を過ごし、新しい年を子供たちと迎えるのも十回目となりました。

 私が一人で過ごしてきた年月の流れの早さと、重ねた年を思うとぞっとします。

あちらで彼はどんな気持ちでいるのだろうと、時々考えます。

 「もうそろそろいらっしゃいませんか。待ちくたびれましたがな。」

と言っているのではと思ったり、

 「もう少し子供たちの近くにいたらどう。まだ世話をかける訳でもないのだから」

と思っているのではと自分の都合のいいように解釈したりで大笑いです。

 今年はそこそこ元気でいられたし、体力も気力もまあまあだったから、もう少し

頑張ってみましょうか。と

 住みなれた?十二階のベランダから抜けるような空色の空に美しい富士山が

輝いて見えます。

 後一週間で今年も終わります。忙しい年の瀬、暖かい日が続きますように。
nice!(5)  コメント(8) 

私の散歩道 [日記]

 この所の暖かさにやっと桜がほほ笑み始めました。

でもここから見える花の名所はまだまだのようです。

私は出来る限り毎日二、三十分は歩くことに決めています。一人で好きな時間

気ままに歩きます。朝でも昼でも夕方でも思いついたら出発です。

 一番好きなコースは家を出てまず田圃道に沿った通学路を歩きます。

休耕田のあぜ道に、小さな星が舞い下りて来たようにおおいぬふく゜りの瑠璃色

の花を見つけてついしゃがみこみます。ひそやかなたたずまいが胸をきゅんと

させるほど愛おしい。ふふふ、いい思い出もあることだし。

 あたりにはつくしの坊やや、こい紅紫の仏の座も揺れています。

春風も心地よく足取りも軽くなります。真紅の椿が盛り上がるように咲いている

小学校の裏手を元気な子供たちの声に励まされるように、少し足早に行くと土手

の向こうに大きな池が現れます。

薄青色の静かなさざ波の寄せる水面に 今なら水鳥があちこちに浮かんで、池

の岸辺には亀の親子がじっとしています。

 池の端からは大学のグランドを囲むように、樹齢五十年を超える楠の並木が

続きます。ここは車が通れないようになっていて、犬の散歩の人やジョギングの

若者、ゆっくり歩くお年寄りの素敵な道になっています。今は病葉がさらさらと散

ってもうすぐ若芽とともにかぐわしい楠の香りでいっぱいになります。

 グランドでは創部したばかりの野球部を連れて、あの済美高校の上甲監督が

練習していた、遠い日を懐かしく思い出します。

 楠並木から離れてみかん畑がつづく小高い丘に登ります。ここから眺める陽の

入りが最高で、辺りを茜色一色に染めて、燃えながら落ちて行くそれを、言葉

もなく見いってしまう私です。

 さあ私の散歩道もここからはなだらかな小道を下りて、住宅街を通りぬけわが

家まで。

 春夏秋冬季節の移ろいにその姿を変えながら、私の散歩道は続きます。

いつまでも元気にこの道が歩けますようにと祈りつつ、今日も一人で出かけます。
nice!(8)  コメント(2) 

重く冷たい春を呼ぶ雨 [日記]

 二日続きの雨が降っています。

その前日は夜明け前から降っていた小雨が朝には深い霧となり辺り一面乳白色の幕に

閉ざされてしまいました。

 二階の窓からみた景色は.....視界ゼロ、でも私はその霧の怪しげな雰囲気にうっとり。

窓にもたれて少し冷たい空気も気にならず、しばし霧のなかにいました。

じっと見ていると遠くの霧は少し動いているようにも思えます。


 私は遥か昔夫と歩いた美ヶ原を思い出しました。早朝散歩に出た二人は思わずうわー

と声をあげました。

 高原は一面の霧に覆われ、足元に咲くきすげの黄色い花が霞んで見えるだけ。

しばらく霧の中を夢見る心地で歩きました。

 霧はなんと幻想的で美しくて好きです。そして私の中で色々な思いが巡ります。

 
 そして重くて冷たい今日の雨。

昨日は県立高校の合格発表が、そして国立大学の合格発表も続いています。

 私にはこの雨が不運にも戦いに敗れた受験戦士たちの悔し涙のように思われ

るのです。

 でも皆若いし人生長いのだからそう悔やまずに、一休みしたら立ち上がりもう一度

頑張れ!!とエールを送りたい気持ちです。

 降り続く雨は春の日のために蓄えるエネルギーなのでしょう。

さくらんぼも梅の花も散って少し寂しい庭に椿は雨に濡れて鮮やかに咲いています。

 この雨が止んだら少しおしゃれをして出かけよう。美味しいもの食べに行こうと友を

誘ってみよう。

 



 

 
nice!(8)  コメント(6) 

ああ~やっばりわが家が一番!! [日記]

 暖かいガラス越しの陽を受けてシンビジュウムがいい香りを放っています。

三週間振りのわが家、リビングに座ってひとりをかみしめて。

 それでもちっとも寂しくない、いつものことだけど自分の居場所を確認した

心地。ところが一週間もすれば不思議と寂しくなるのです。

 今回の年末年始はさんざんで、いいことひとつもなかった......はずでした。

ところが十日キャンセルした箱根の代わりに元気な二人でどこかの温泉へ

行っておいでという娘の言葉に、そうだ行こうと息子が言いだしました。

 ふだんは働いているのだから、たまには温泉でゆっくりしたい,,,,,と。

勝浦で太平洋見ながらの露店風呂はどう?私は一度いったけど、温泉は良か

った気がして賛成しました。

 横浜の義妹も誘い息子のbmwで出かけました。三連休初日渋滞は覚悟して

いたのにすいすい、雲一つなくはれた青い空、どこからどう行くのか考えても

いなかった私に「あれっアクアラインも渋滞ないよ」息子がポツリと言いました。

えっアクアライン、いつか通ってみたいと思っていました。こんなことならもっと

アクアラインのこと調べてくればよかった。息子の話では十五キロもあるという。

 トンネルはあまり変わったこともなく、ただ海の底を走っていると私は興奮して

いました。そしてトンネルを出てアクアブリッチにさしかかった時、その興奮は

頂点に達し、「うわー」と叫んだきり後は言葉になりません。

 真っ青な空ともっと青い海、その海を一直線に突き切って白く光る橋。

 素敵なドライブでした。

 高速を下りると懐かしい田舎道が続き、のんびりと新春の田舎風景を満喫

しました。

 露店風呂から眺めた夕陽。突き出た半島の向こう側、青い太平洋が茜色に

染まり大きくてオレンジ色の太陽が、そのまんま真っ直ぐに沈んでいきました。

 夜は私のバースデイのご馳走がいっぱい、一つ年をとったのは切ないけど

嬉しい思い出の一日となりました。

 今日もまた快晴、南房総の海に沿って帰ります。暖かくて車の暖房はなし。

どこまでも続く菜の花のみち、黄色い可憐な花が春が近いよと囁いています。

道の駅はすべて停車、土地の名産や名物に出会えます。花がいっぱい、魚

がいっぱい、ソフトクリームもおいしかったねえ。

 帰りも渋滞もなく横浜へ義妹を送って夕方には無事帰ってきました。

 夜やって来た娘に私のお喋りがとまらなかったのは言うまでもありません。

 「ママでも初体験の場所あったんだね。よかったよかった」娘の言です。

 本当に素晴らしい南房総のドライブでした。前に行った九十九里浜や犬吠埼

もよかったけど、これで千葉県は網羅した.....

 終わりよければすべてよし 楽しい東京滞在三週間でした。

 帰ってすぐお墓へ「ただ今」の報告。風邪でさんざんだったことは内緒です。

 今年もまた二人で頑張りましょう。あなたはまた八十にもなってないのですよ。

 私今年は前向き!をモットーにします。今まで考えられなかった二年先、三年先

のこと、よおし十年先まで考えて生きて行こう。おっとこれは前向きすぎるかも。

 暖かい日射しは春のようです。  ああ~やっぱりわが家が一番!!
nice!(5)  コメント(6) 

想定外の新年あーあ [日記]

 新年早くも八日となりました。

何回も迎えたお正月、それなりに家族揃っていつも元気溌剌それだけが

一番で小さな希望もありました。

 今年は年末から嫌な予感がしないでもなかったのです。

大晦日は娘たちも一緒にすき焼きをして、年越しそばも、そして家族麻雀で

楽しく過ごそうと計画していました。

 二十八日娘と二人で年末年始の食料品をたっぷり買い込んで準備万端

私は数の子や煮しめお雑煮の段取りをして、明日は頼んであるお節を待つ

ばかりでした。

 その間懐かしい友と上野でデートしたり親友とも会えました。

 ところが肝心の大晦日の朝娘から彼が風邪で熱が38度もあるとの知らせ

やれやれ、これが苦々しい連鎖の始まり。

 結局大晦日も元日も静かな静かな二人の世界。でも恒例のNHKのニュー

イヤーコンサート堪能しました。ウイーンフィルの演奏、ウイーンの楽友協会

からの衛星生中継。

 私の自慢のひとつはこの楽友協会で生演奏を聴いたことです。公園を歩

ていたとき、偶然今なら五枚チケットがあるとガイドさんに教えられて買い

ました。何もしらなかったのにその内部の豪華さに驚き、演奏は若い音楽家

たちでしたが、素晴らしいの一言嬉しい体験でした。

 二日の夜息子が熱を出しました。三日娘も風邪を引いて受診したらインフ

ルエンザだったと....。

 ああみんな若いのにあかんたれの弱虫と、苦々しく思っていたらとうとう私

の番。インフルエンザの予防接種はしていたし、甘くみていたのに。

 微熱があって咳と洟が止まらない。幸い食べ物はあったので二人で寝正月。

五日、前からの約束だったので友達と三時間ぼどぶらぶらしたら、また駄目。

 その後何とか症状はなくなったけど全身倦怠でぶーらぶら。

そして 昨日からやっと元気になりました。

 東京に来て二週間以上になるのに。娘にも三回しか会ってない。三連休に

行く予定だった温泉も娘の旦那さんがイマイチで、キャンセルするか否か検

討中、多分もう無理。

 ああ踏んだり蹴ったりの年末年始、今年の私の運勢どうなっているのかなあ。

 でも元気ださなくては、明後日私のバースディです。ファイト!!

nice!(3)  コメント(8) 

有難うございした 皆様良いお年を!! [日記]

 あっという間の一年、元気に過ごせたことが何よりでした。

東京へ来てはや一週間、さすが年の瀬割合忙しくしています。

 それでも親友とは食事してお茶でおしゃべり、楽しいデートもしました。


 この一年そろそろと拙いブログを綴りましたが、こ゜訪問下さる方が

いらっしゃることが嬉しくて、老骨に鞭を打って頑張りました。

 本当に有難うございました。来年もよろしくお願いいたします。

 皆様良いお年をお迎え下さい。

nice!(3)  コメント(6) 

寒すぎる師走 [日記]

 今年の師走は例年にない寒さで、暖かい冬に慣れっこ私たちは震えあがって

います。

 それでも当地では風雪注意報が出て、身構えていても雪はちらっと降るだけ。

幸せというべきでしょう。

 で私は暖かい日に少しづつ掃除を始めて、今年は例年になく早目に一通りの

大掃除が出来ました。余りの寒さに出かけることもせず頑張りましたから。

 さあ今年も年越しは東京。昨日はお墓に行って「一年間有難う。また行ってくる

ね。」とご挨拶。

 「貴女は呑気でいいなあ。介護する人もいないし自由に羽根を延ばして、好きな

ところへ飛んでいけて!」

 夫の声が聞こえたような気がしました。でも聞こえぬふりをしていました。

 私にだって言いたいことがあります。

 「私を一人ぼっちにしてしまったのは貴方ではないですか。自由なんていらない

介護だってするもん。」

 帰りのバイクは寒かったせいもあるけど、涙がポロポロ.....

 

 明日快晴の予報の東京へ飛びます。子供たちと一人ぼっちでない年末年始を

過ごすために。

 「貴方も一緒についてくるのでしょう。」


nice!(5)  コメント(6) 

弟とすき焼き食べました [日記]

 横浜に住んでいる末の弟がこの夏、目出度く退職しました。

定年後も役員待遇で何年か出社していたようですが、六十六歳で、のんびりと

年金生活に入るのだと嬉しそうでした。

 そして秋には実家に帰って、一週間くらい生まれた街をぶらぶらしたいので

その節はよろしく、と言われていました。

 そしてこの五日夫婦で帰ってきました。基本的には実家に滞在するのですが

何日かはわが家へも泊まりたいとのことOkと快諾していました。

 義妹の実家がわが実家の隣で、彼女は結婚以来泊まるのはいつも実家で

私の父母に「帰りました。」と挨拶して仏様にお参りをすませると、母も快く実家

へいくのを許していました。だからわが家へ泊まりに来るのは弟だけなのです。 

弟は末っ子で私とは十歳違い、私にとっては小さいときからいつも子守りをさ

せられて、私が友だちと遊びに行くときも常に同伴。可愛いのだけれどうっとう

しい存在でした。

 そのせいか大人になっても私の対応が他の弟たちとは違ったようで「いつまで

も子供扱いする。」とよく弟に叱られました。

 さて二日目弟がわが家にやってきました。実家からは車なら十分ほどですが

彼は退職してからは散歩が趣味だそうで、一日一万歩以上は歩くのだと、歩いて

きました。四十分近くかかったでしょう。

 一番に仏様に手を合わせてくれて、うるっとした私。お通夜の時この弟が夫に

寄り添っていた光景が鮮やかに浮かんできました。「早いなあもう七年か。」ぼそ

りと弟が呟きました。

 彼は姉弟のなかでただ一人の大酒豪で、年とともに随分弱くはなったけれど゛

私からみれば「のんだくれ」です。私は昔から酒飲みは大嫌い、近くにそういう人

はいなかったのに本能的に嫌いでした。

 二人で向き合っても、男はつまらんと思う程会話は弾まなくて、私一人が喋り

早々とお風呂に入って、今夜はすき焼きにしました。

 キッチンのテーブルに二つの椅子。ここに座って食事をするのは多分七年ぶり。

夫が亡くなってから、私はここに一人で座れませんでした。最初のころは料理を

リビングに運んで、テレビをつけっ放しにして砂をかむような食事でした。

あれからずっとそうしています。

 すき焼き鍋のコンセントも夫の希望でが床につくりました。ここでおでんも、てん

ぷらも水炊きもすき焼きも、食べることの大好きな夫と二人で熱々を食べました。

 弟と二人ですき焼きを食べながら、何だか嬉しくて懐かしくて、またこのテーブル

で食事しようかなあ、などと考えていました。

 昼間に干したぽかぽかの布団で、酔っぱらった弟は早々と寝てしまいました。

 翌日は二人で散歩にでました。私の自慢の散歩道、五十年を経た楠が三十本

余りも続く大学構内の並木道、近くの里山もちらほらと紅葉が見え、空は抜ける

ように紺碧、池には水鳥がはばたき、たっぷり湛えた青い水に白い雲が浮かんで

います。黙って歩く弟に遅れまいと、私も颯爽と歩きました。気持ちがよくて胸が

すっとして、少し若返った気がしました。

 明日はゴルフに行くので便利な実家にいた方がいいからと、弟は帰りました。

 次の夜は実家の弟夫婦と四人で食事にいきました。またまた飲みはじめた弟

をウーロン茶を飲みながら、酒飲みはきらいじゃねえと三人が睨むので、「本当

に酒が不味い」とぼやく弟をみて大笑いになりました。

 その後も私が実家にいったりして、私にとっても何だか楽しい一週間が過ぎ、

今日昼の飛行機で帰ります。さっき「お世話になりました。」と弟から電話があり

「バイクは近くのスーパ以外は乗らないように、健康だと過信しないように、一

番言いたいのは、年を忘れないように。」だって。

 今では逆転あちらが兄になったつもりなのかなあ。元気でいなくちゃ。改めて

そう思いました。

 今日も青い空が広がっています。飛行機の旅も快適でしょう。
nice!(2)  コメント(4) 

久し振りの太陽に [日記]

 台風12号の到来までの長雨、一週間は続きました。続いて11号こちらも

辺りに豪雨禍を残して、仕上げは強烈な東風。幸いわが街は予報に反して

台風の直撃は免れました。

 何とかお盆も終わって数日、朝から強烈な太陽はひさしぶりです。

気温も34度、雨模様で涼しい気温に慣れている身には辛いことです。

 そろそろ普段の生活に戻って、ブログも書かなくてはと思っています。

 久し振りの太陽をみて気力が湧いてきました。

 さあ 元気を出して頑張ろう。 と自分に言い聞かせています。
nice!(4)  コメント(6)