So-net無料ブログ作成
検索選択

桐の花 [短編]

 少づつ登っている感じがして道も狭くなった。 車がやっと通れるくらいだ。もうそろそろ目的地に着くころだと佐保子は目を凝らす。 辺りは生い茂った木々の緑が美しく、開け放った窓から森の香りも飛び込んでくる。  道路を大きく曲がったところで真正面に薄緑色の建物が見えた。やっと着いた。 駐車場に四五台の車も見えた。  車を停めると佐保子はゆっくりと建物に近づいた。三階建てのスマートなそれは、 老人ホームには見えない。窓も大きくて華やいだ感じさえする。 「とうとうホームに入ったよ」三日前に祥子から突然電話が来た。彼女は昔の職場の 先輩で佐保子とは三つ違い。しっかり者で頭がよくて信頼できる人だった。  お互い結婚しても付き合いは続いていて海外旅行にもよく行った。  長い年月が流れ二人とも年をとった。それでも元気で特に祥子は腰や膝が痛くなって からも、兎に角行動派で、誘われれば一人でツアーに入って旅もした。  佐保子はそんな祥子を見ながら、ただ感心するばかり、「旅の途中で足が痛くなったら どうするのだろう」とか、「杖をついてまでよく行くなあ」とか.....。  そんなに元気だった祥子が昨年の秋救急車で運ばれたという。肺炎と心不全で足がたた なくなったそうだ。  知らせを聞いて駆けつけたら、一週間前に会った時の彼女とは別人の祥子が、点滴の 管などいっぱいつながれて、酸素マスクまでしている。 意識はあるものの、何を言っても頷くだけで、その様子に佐保子は動顛してしまった。  結局半年も入院してどうなることかと心配していたのに、少しづつ回復して四月には 退院して、一時的にべつの病院に移った。  その病院がよかったのか彼女の生命力が勝ったのか、退院できることになった。  しかし一人暮らしの祥子は自宅に帰ることを断念してホームに入る決心をした。  それはずっと前から考えていたことだったが、思っていたより早くなってしまった。  広い廊下、明るいガラス窓、応対してくれた職員も感じがよくて佐保子は内心ほっとした。 もっと嬉しかったのはベットで迎えてくれた祥子が本当に元気になっていたことだった。 「ねえ、元気になったでしょう。」  挨拶よりも先に祥子が例の甲高い声で言った。 この声何か月振りに聞いただろう。口もきけなかった頃、頷くだけの時、電話をしてももそ もそと何を言っているのか分かり辛かった頃。  先生もこの年で半年も寝ていると寝たきりになる人が多いですと気の毒そうに言ったのに。  佐保子は思わず走りよって祥子に抱きついた。十五キロ痩せたという体は頼りなくて、つい 涙が止まらなくなった。みると祥子もぽろぽろ涙をこぼしている。  目が会った途端どちらからともなく笑顔になりはっはっははと笑った。  よかったよかった。  部屋はトイレとスマートな洗面台。その隣のベットとのちょっとした区切りに小さい障子 が二枚。作り付けのクローゼットもゆったりしている。 部屋の感じがなんとなく素敵で、佐保子は今までに行った何か所かの施設と違う暖かさの ようなものを感じて嬉しかった。  祥子の終の棲家となるであろうこのホームは佐保子の中では合格だ。  夫に先立たれて子供もいない祥子とはそんな話もよくしたが、それはもっとずっと 先のことだと思っていたのに。  現実はあまり考える余裕もなく、病院からの直結を余儀なくされた。    市内でも一等地にりっぱな自宅があり生活に余裕もあるのに。 病気をしなかったら、そして夫がいたら祥子の老後はもっと違っていただろう。  でもこれだけ元気になったのだから万歳ではないか。  佐保子の頭の中で複雑な思いが堂々巡りをしていた。  祥子は今車いすもいらない。小さな手押し車を押して食堂へも談話室へも行けるという。 寝たきりにならなくてよかった。  ベットに腰かけた祥子と本当に長い間話をした佐保子。  大きなガラス窓から柔らかな午後の日差しが差し込んで二人は幸せだった。    そのガラス窓の向こうに緑色に茂った大きな木がみえた。 佐保子は目を凝らした。その木の間隠れに薄紫の花が見えた。  桐の花。祥子は毎日この花見ているんだ。佐保子はそっと胸に手をおいた。  ふたりの大好きな花、この花が咲く頃、思いついたら車でよく山道を走った。  見つけると車を停めてしばし眺めた。 近くに行くことはできなかったけれど、遠くから飽かず眺めた。  そして祥子は俳句を佐保子は短歌を苦しみながらひねり出した。 「ねえあれ桐の花よね。」 「そうそう、このホーム決めた第一はあの桐の花がここから見えたことよ。」  祥子は自慢げに佐保子に笑顔を向けた。  佐保子は祥子のこの笑顔がいつまでも続きますように。  もっと元気になって来年はまたいつかのように、二人であの山の桐の花を見に行けたら どんなに嬉しいだろう。  窓の向こうの薄紫の桐の花がなんだか潤んで見えた。
nice!(2)  コメント(2) 

面影草  終章 [短編]

 川岸の桜並木の花は蕾の先か゛膨らんで紅色が覗きかけいる。
水の流れは清らかな早春の日差しをいっぱいに流れている。
遥かな山の頂には、うっすらと残雪が見え、どこからか小鳥の囀りが聞こえる。
 まだ冷たい川風に頬をつつかれて我に返った。
 私はこの川原のベンチにどれ位座っていたのだろう。

 老後を楽しく思うままに....という私たち夫婦やり方で自分流を満喫していた。
二人とも元気でまだまだ若いと思っていた。
 でも彼が生まれて初めての病に倒れた。それと気づかぬまま検査を受けた時には
もうなす術もなかった。
 だから苦しい検査も治療も何ひとつしなかった。
 彼は私の前では決して泣き言は言わなかった。いつも大丈夫そうな顔をして
逆に私を励ましてくれた。
 一か月で退院して自宅療養となった時も、気分のいい日は庭で簡単な剪定の仕方を
教えてくれたり、うどんの出汁を作ったり、私に看病という実感はなかった。
 私のしたことは、毎日の食事を心を込めて作ることだけだった。
 二人ですごした最後のあの大切な日々、もっと彼のために為すべきことがあったの
ではないか、今も私の心の底にその思いはずっと重く悲しく沈んでいる。

 その朝少ししんどいと言うので、急いできてくれた弟の車に自分で歩いて乗った。
そしてそのまま入院して様子を見ることになり、緊急事態ではなくてほっとした。

 その明け方先生も予測できないまま、突然彼は本当に安らかに旅立ってしまった。

 あの時彼の手をしっかり握っていた最後の別れから、私は一滴の涙も流していない。
いや涙は出なかった。人は本当に悲しい時、涙は出ないものだと身をもって知った。
 彼が逝って半年も過ぎた頃朝のお参りをして、何気なく彼の写真を見た時突然涙が
溢れた。
 少し笑っているあの眼差し。彼に関わった半世紀近く私は満足していた。
でも彼は.....私は彼の望んだような妻だったろうか。
 いいえ我儘で意地っ張りで、ちっとも優しくなかった。
私は後悔の念に苛まれた。今更もう遅いのに。
 彼がいなくなって初めて出た涙。止まらなかった。それから毎日泣いた。涙って
どの位あるのだろうと本気で考えた。
 食事もしない、眠れない、どこに居ても何を見ても彼の姿がついてくる。
 ある日ふと思った。彼が今の私のこんな姿を見て喜ぶだろうか。悲しいに違いない
どんなに心配しているだろう。

 私はうつ病の一歩手前で踏み止まった。
子供たちや兄弟、友人たちの励ましに支えられて少しづつ自分を取り戻していった。

 春が何度も巡った。
 毎朝一番に大きな声で挨拶をする「おはよう!」彼はいつもにこにこ現れる。

 遠い遠い日初めて二人がデートしたあの川原に座っている。
町の様子はすっかり変わった。でも自然は昔のままここにある。
 そして彼もあの日よりは少し年を取ったけれど、今確かに私の隣に座っている。
 「絶対に待っていてね。もうすぐ会えるから」

 淡い青い春の空、桜の花が川岸を桜色染める頃、私又ここに立っているのだろう。

nice!(6)  コメント(5) 

面影草  15 [短編]

彼と私のそれぞれの生活が始まった。理由もなく単身赴任してもらっていると
いう後ろめたさはいつしか消えて、私は一人を満喫していた。
 私の母が近くで一人暮らしをしていて、毎日のように様子を見にいっている
ことが私のなかでは少し心の負担を軽くしてくれていたのかもしれない。
 こういった生活について、彼も特に不満を口にはしなかったし、私も訪ねた
時の彼の仕事ぶりに安心していた。
 休暇が取れると二人でよく旅をした。私の母も連れ出して車で、列車でそして
飛行機で。
子供たちも東京に居を構えたので春や秋に誰からともなく話が出て、家族揃って
旅に出たこともあった。
 その合間を縫って私は古い友達と海外にも出かけた。
彼は外国は嫌だと笑って、一人で出かける私をのために空港までの送り迎えを
してくれた。
 私は結局彼が退職するまで彼と一緒に暮らすことはなかった。
二人ともその距離感の心地良さに慣れてしまっていたのかもしれない。
 
 彼は定年まで働いたら即リタイアして、のんびりと余生を送りたいといつも
言っていた。
少し早めに退職すれば後四年か五年関連事業に就職する道を殆どの同僚は選んだ。
 彼は言葉通りきっぱりと職を辞して嬉々として五年振りの我が家に帰って来た。
 本当にお疲れ様でした。家族のために頑張ってくれた、健康だったし離れていても
私たちに何ひとつ心配をかけることもなく、私は感謝の気持でいっぱいだった。
 二階の自室に運び込んだ荷物の多かったこと。彼が欲しがっていたものすべて
揃っていた。多趣味の彼がこれからここで過ごす日々には充分過ぎるほど。
 私は二人で頑張ったあの若かった日々、励ましあって切り開いて来た我が家の
歴史を胸が痛くなるような感動とともに思い起こしていた。
 彼は感傷に浸る間もなく乞われて町内会長を引き受け、あっという間に「浦島」
状態から抜け出て、いろいろな行事もこなして生き生きと毎日張り切っていた。
 私は何だか遅れてきた新婚気分で、今までの罪滅ぼしとばかりに頑張った。
 彼は自分流を貫き庭の手入れ、日曜大工、家の中の不具合は何でも修理できた。
趣味の切り絵も年に一回の東京上野での展覧会には大作を出品した。上京すると
一週間くらいは滞在して子供たちと温泉へ行ったり「命の洗濯」を忘れなかった。
 ハーモニカも教室の仲間と発表会に出たり、お年寄りを慰問したり楽しそうに。
若い頃から好きだったクラシック音楽や、演歌も好き、歌えば結構上手だった。
 版画、スケッチ、篆刻、まあなんて多趣味、私はただあきれ返ってみていた。
 穏やかな日々が静かに流れて、彼が夢に描いていた余生は永遠に続くものだと
私は信じていた。


 

 


nice!(2)  コメント(0) 

面影草  14 [短編]

  楽しく充実している年月はみるみる過ぎていくものなのだ。
 
 彼がまた転勤になった。今回は職場の責任者ということになり、家を離れる
寂しさよりも、彼が張り切っている様子が垣間見えて私は少し不満だった。
 この時これから後、七年間の単身赴任が続くことになろうとは思っても
みなかった。

 今度は瀬戸大橋を渡って岡山県の星の美しい町だ。車で三時間はかかる。
着任の時は私も一緒に行った。かなり高い山の上に忽然と現れた施設は立派で
広々として自然が大好きな彼はすぐ気にいるだろうと思えた。
「いいなあ。ここならちょっと歩けば野草や山菜が沢山ありそうだ。」
案の定彼はきらきらした目で私を見た。
 私はごめんだ、遊びに来るのなら楽しいだろうが住みたくはない。
宿舎も素敵でマンションのよう、一人で住むのは勿体ないくらいだ。
 彼が生活に必要な諸々のことを二人で準備したり、車で十五分町に出れば
何でもあって不自由なく生活出来そうなので私は少し安心して家に戻った。

 一日の仕事を終えて誰もいない家に帰るとやっぱり一人は寂しい。彼も同じ
思いだろう。新しい職場で張り切っていても家に帰れば「お疲れ様」の一言が
欲しいのではないだろうか。それとも案外うるさい私がいないのをいいことに
羽を伸ばしているだろうか。
 生活のために、子供たちの学費のために働いていた時は考えてもみなかった
ことを考えたりする。私に少し余裕ができたからか、それとも年のせいか
仕事が嫌になった訳でもない。

 私も二十年余働いた。老境に入りつつある二人が離れ住んでまで働くべきか。
仕事を辞めて彼のところへ行こうか。
 社長からは辞める時は半年前に言ってくれ、と冗談まじりに言われていた。
総務会計も一人で引き受けて二十年、本当に居心地よく働いた会社だ。
辞めたいなど思ったこと一度もなかったのに私は決意した。
 突然の話に驚きつつも、彼や子供たちは「お疲れ様。これからは自分の
好きなようにしたらいいよ」と賛成してくれた。

 半年後の早春、職場のみなさんの暖かい拍手に送られて大きな花束を胸に
私は二十年余通い続けた会社を後にした。
 
 本当の自由を得て胸いっぱいに吸い込んだ空気、やりたいことやるぞ!
その気持ちも一か月経つと後悔に変わった。いろいろな手続きが終ると
何もすることがない。仕事がしたい、ああ会社辞めなければよかった。
 すぐにも彼の処へ行くはずだったのに、それもせずに悶々としていて私は
見つけてしまった。
 カルチャースクール。あったあったやりたいこと。
「時々様子見に行ったのでいい」私はここに居座り「亭主元気で留守がいい」
生活を満喫することになった。
 月二回ほど帰って来る彼と、彼が向うへ行く時車で一緒に行ってしばらく
滞在して主婦らしいことをやってお茶を濁していた私。
 ずいぶん我儘だったけれど老境の入り口で、呑気な私の青春がそこにあった
ことは紛れもなかった。
 

nice!(5)  コメント(2) 

面影草  13 [短編]

六年ぶりの転勤で彼は我が家に帰ってきた。
充実していたこのところの私の一人暮らし。まわりの人たちの声は
「大変になるよ。勝手気ままにやってきたことが癖になっているからね。」
私はそんな声を聞きながら、なんだか浮き浮きしいいる自分の気持を
大切にしたいと思っていた。

 ところが職場の決まりで管理職は自宅があっても、一応施設にある
宿舎に入らなくてはならないとのこと、結局市内別居ということに
なってしまった。
 彼は少しがっかりしたようで、知らなかったなあとつぶやいていた。   
ほほほ、やったね望むところだ。神様は私の味方私の自由は確保された。
 こうして彼は立派な3LDKにひとまず落ち着いた。
肝心の食生活も施設の食堂を利用すればいい。
 私は彼の世話など何ひとつすることもなく、いざという時には電話
一本で駆けつけてくれるほどの近く彼がいてくれるのが嬉しかった。
 本当は自分が楽することばかり考えていた私だったのだ。
 彼は休みになると帰ってきて庭の手入れに余念がなかった。
見捨てられていた木や花たちはみるみる元気を取り戻し、そんな庭を
見ている彼の眼は、優しくて幸せそうで、そんな様子の彼を見る私も
ずっと忘れていた心のゆるやかさのような、安堵感に充たされていた。
 彼が忙しいときには私が行って、ご馳走を作ったり、掃除や洗濯
するのも楽しかった。
 ふとあの赤い屋根の小さな家で過ごした若い日々を思い出したりした。
 
 そして計画されていた彼の施設の二年をかける改築工事が始まった。
すっかり忙しくなった彼はほとんど自宅へ帰れなくなり、私が彼の処から
職場に行くこともしばしばあり、私もそうのんびりとはいかなくなった。
 東京で働いている子供たちとも、新年や夏休み帰省した時に会う
くらいで、それでも充実していた頃て゜はなかったろうか。

 二年後施設は立派に出来上がり、盛大な行事が次々に行われ職員たちも
晴れ晴れと元気に笑顔で営業を再開することができた。
 彼も忙しかったけれど、大きな仕事をやり遂げたという満足感があった
だろうと私は内心彼に尊敬の念とともに、羨ましさも感じていた。

 そして人事異動がありやっと彼が我が家に帰ってきた。
この頃、仕事にも少し余裕ができたという彼を誘って休みによく出かけた。
 もともと旅好きだったから、相談はすぐにまとまっていつでも飛びだせた。
 「結婚以来初めてだね。お金のこと考えずに思ったことが出来るのは」
 思えば三十年近い厳しい月日を二人で歩いて来たのだ。
その間少なくとも私は大きな不安や不満をもったことはなかった気がする。
 今横にいる彼はすっかりおじさんになって鬢のあたりに白いものも見える。
私だって友人の中でどちらかといえば一番汚くなった。
 遠くに見える山、少し走れば穏やかな海の青い色。大好きなこの街で
自分の仕事があり、家族が健康で、こんなに素晴らしいことがあるだろうか。
 私は今この時を大切にしたいと心から思った。
  
nice!(4)  コメント(4) 

面影草  12 [短編]

 巡る季節をゆっくりと感じる暇もなく、私たち一家に時は流れた。
その間、皆が健康で仲良しで明るくて、それぞれが自分の道を思い通りに進む
ことが出来た。
ただ肝心の家計だけは想定内とはいえ、転職による厳しさが続いた。
それでも彼も私も頑張って子供たちの小学生時代はなんとか切り抜けた。

 娘が中学生になった時、私は家族の賛成を得てフルタイムの仕事に着いた。
 運よく昔の職場の子会社に入れた。私の仕事は最初から事務は全部引き
受けるというもの。でも昔の仲間が同じビルにいて、大らかな役所関係の下請
会社で、五時にはきちっと帰れるのが何よりだった。
 夜は食事が終わると、少しの間は皆でテレビをみたりその日の出来ごとなど
話合うがすぐにそれぞれが自分の部屋に入ってしまう。
 彼までが自分のやりたいことに熱中してしまうので、私はひとりリビングで
テレビをみることが多かった。

 この頃のことを思い出しては成人した子供たちに私は良く聞いた。
私の作る毎日の食事のこと、中学から持たせたお弁当のこと、彼にもお弁当を
作っていたかなあ。などと。
 彼と息子は気のない返事だが、娘は
「ご飯もお弁当も美味しかったよ。他の人のを羨ましいと思ったことなどなかったよ」
と優しい。
 そうかなあ。と忙しくしていたあの頃のことを懐かしく思い出す私なのだ。
 息子は私立中学へ、娘は国立の中学に進んだので、友だちは立派なお弁当では
なかったのかと、後になって気にかかったりしたのかもしれない。

 息子が大学進学のため東京に出た、その年彼が初めて単身赴任で家を出た。
 わが家は女二人、寂しかったけれど彼は赴任地の隣県から毎週のように帰って
来てくれた。

 三年後娘が大学進学で大阪に出て、とうとう私は一人でわが家を守ることになった。
 庭の木々や花たちもすっかり大きくなって、この家は愛しい自分たちの家になった。
私は家族のキーステーションのここで、随分頑張った気がする。

 そしてとうとう私も念願叶ってこの年、地元の国立大学夜間主コース文学科に入学
することが出来た。
 同級生に遅れること二十八年、念願し続けた大学だった。私たちの世代は高校進学
さえ女子はクラスで数人の時代、その当時弟三人が続くわが家の経済を考えると、
大学へ行きたいとは言い出せなかった。
 でも私は飽きらめてはいなかった。

 働く青年に門戸を、と各地の国立大学で夜間主コースが誕生し始めたからだ。
当地でも法学科、経済学科と開設されたが、私は焦る気持ちを抑えた。数年先に
文学科が開設されると聞いいてた。私は少しづつ勉強を始めていた。
 そしてわが家にたった一人になった時、偶然にも最高のタイミング、誰に遠慮もなく
昼は職場、夜は学校と最高の私の時代が来たと張り切った。
 受験したいと彼に相談した時、かれは即座に賛成してくれた。嬉しかった。
 その夏に彼は遠く筑後に転勤となり、わが家族はそれぞれ九州四国、東京、大阪と
別れ住むことになったのだ。
 当然のように家計は火の車、彼も私も力の限り頑張ったけれど、子供たちも最低の
仕送りに文句をいわず、アルバイトをしながら頑張ってくれたようだ。

 私の人生でこの四年間ほど充実した時はなかった。本当に楽しかった。
一番犠牲になったのは彼だと思う。ひとりで放っておかれたのだから。私が本当に
感謝していたことで許して欲しいと、心では思っていた。
彼は毎晩私が家に帰る九時半頃には必ず電話をしてくれた。「元気、今夜のご飯は何」
私は毎晩のように卵焼き、彼は料理が好きでこれが一番経済的と、よく鯛のアラ炊きを
作っていたみたいで、「電話線に括りつけて上げようか」と言ってくれた。
 私はポロポロ涙がこぼれるのを拭いながら「そんなもんいりません」と憎まれ口をきいた。
 兎に角激動の四年間があっという間に過ぎて、皆が社会人になりそれぞれの場所で
仕事に着いた。そして彼は六年振りに懐かしいわが家に帰り、約三十年振りの二人の
生活が始まった。

 

 
 

nice!(5)  コメント(2) 

面影草  11 [短編]


 戦後二十年経って日本の国全体が活気に満ち、人々は頑張りさえすれば
夢に手の届きそうな時代だった。
 私たちの街にも新しいビルが次々に建ち始めたが、郊外のわが家の辺りは
まだまだ自然がいっぱいで、子育てにはいい環境だった。
 前の家から大切に持ってきた庭の木々や花たちは、私たちの家庭の歴史を
物語るように大きく成長していた。
季節ごとに咲く花は安らかな気持ちを、少しづつ伸びていくさくらんぼや梅や
松や椿には元気と勇気をもらった。
少しでも時間があれば庭にはいつも彼がいた。子供たちの声がした。
 しばらくは葛藤のなかに揺れていた彼も気持ちを切り替えて新しい仕事に
取り組み、彼なりの目標も見つけたようだった。
 
 娘が幼稚園に入るのを待ち構えて、私はパートに出た。やっと時間で働く
パートという職種が定着し始めたころではなかったろうか。
 昔勤めていた職場から声をかけられて家計の助けにもなると決心した。
彼はすぐ賛成してくれた。
子供が大きくなったら仕事を持ちたいという、私の気持ちをよく理解してくれて
いたから。
 入社にあたって社長にお願いしたこと。幼稚園のお帰りに合わせて時間を
調節して欲しいと。後で考えれば我儘だと思うけれど、その時は必死だった。
「パートだからそれでいいんだよ。」にこにこと社長は了承して下さった。
 私は昔の仲間や新しく知り合った仲間と楽しく働くことが出来た。仕事は
当然単純な補助作業だったけれど今はこれでいいのだと納得しいていた。
 
 一生懸命だったこの頃の思い出は、頑張った自分たちへのご褒美だと彼が
言いだして、家族で出かけた「大阪万国博覧会」
 息子の担任に遠慮がちに「万博に行くので学校休ませて下さい」とお願いに
行った時、若くて美しい先生がおっしゃった言葉が今も忘れられない。
「素晴らしいてすね。しっかり見てきて下さい。学校の勉強も大事だけど、それに
劣らない社会勉強が出来るでしょう。」
 若かった私は感激してこういう先生がこれからの教育界を引っ張っていって
くれるのだと頼もしく嬉しくなって、興奮して彼に報告したものだ。

 私たち家族の三泊四日の万博見物は、楽しくて珍しくて嬉しくて、疲労困憊。
今まで見たこともない人人人の波。
巨大で、でも魅力的な「太陽の塔」。
世界中の国々の展示館の壮大さと、美しい緑いっぱいの万博庭園。
押し合いへし合いチラリと見た「月の石」。
どこかの国のm教の展示館に引きこまれて、一時間も勧誘されたこと。
 体力もお金も使い果たしたけれど、それらに勝る大きな収穫があった素敵な
体験だった。
 

 
 
nice!(2)  コメント(0) 

面影草  10 [短編]

 たった一人の王子様の出現に二人の生活は一変した。目が回るような毎日。
実家でみんなにちやほやされたボクには困った。
 抱きぐせがついて、とうとう私は一日中ボクを抱っこしたりおぶったり。
仕事が終わると風のように飛んで帰って来る彼を待って、買い物に出かけたり
食事の支度をしたり。こんな時彼の主夫ぶりには本当に助かった。
 こんなボクには振り回されながらも幸せな毎日が過ぎて行った。
 専業主婦の私は自分が思っていたより自然に主婦してるじゃない..と自画自賛
彼も予定通りのいい夫いい父として仕事も家庭も充実していた。

 三年後彼は仕事上のことで想像もしなかったトラブルに巻き込まれた。
自分が信じて積み上げて来たものが音を立てて崩れ去った。
自分の不注意ではなかったか。誰かに迷惑をかけてしまったのではないか。
 毎日苦悶する彼を私は黙って見ていることしか出来なかった。
 最初に彼から事の成り行き聞いた時から私は彼を信じた。彼の仕事を信じた。
そして私に出来ることは彼のために祈り続けることだった。
 彼は決断した。結論を聞いて私も彼の決断を正しいと思った。

 私たちは幸せな新婚時代を過ごした思い出のN市を去ることに決めた。
 彼か転職することにも、義父の気持の詰まった、そして私たちの魂の絆と思える
ほど愛着のある家を処分することにも、二人で悩み真剣に考えた末での人生の
一つの選択だった。
 それでもお互い言葉にはしなかったけれど、これから住むことになるМ市が二人が
出会って素敵な青春を過ごした懐かしい街、私の両親のいる美しい街であることが
何よりも嬉しかった。
そしてそれらは、さまざまな不安を抱えて再出発する私たちの大きな支えとなった。


 私たちは市の郊外に開発されたばかりの七十区画ある団地に第二の新居を構えた。
 夫は今までとは全く違う新しい仕事に必死に取り組み、私もボクも頑張っていつも
笑い声の絶えることのない、楽しい家庭作りに精をだした。
 顔が見たいと思えばいつでも逢える父母や弟たちや友だちが私たちの底力となった。

 ここで私たちは待望の女の子を授かった。

 私が希み想像していた色白で、目はぱっちりとはいかなかったけれど、可愛くて元気な
女の子。
 彼はまた子煩悩を絵に描いたようなパパになって、あれこれと世話をやき、自分も随分
元気を貰ったようだった。
 あの泣き虫だったボクも三歳になり今は優しいお兄ちゃんぶりを発揮していつも彼女の
側を離れず、女の子のようにお人形と遊んでいた。

 近所にも人が増え、子供たちにもいい遊び相手も出来、私もここで生涯の友ともいえる
心通う素敵な女性に出会うことが出来た。
 相変わらず苦しい家計との格闘に明け暮れる私。、時にはいらいらしても陽のあたる
縁側で仲良く遊んでいる子供たちを見ると、つい笑顔になってしまう。
 若い時、彼と二人で描いていた理想の結婚生活が、曲がりなりにも出来つつあることに
気がついて、胸の底の方からほんわかした暖かさが立ちあがって来る。
 そして変わらぬ彼の優しさを本当に嬉しく思い、また頑張る気持が湧いてくるのだった。





 

nice!(2)  コメント(2) 

面影草  9 [短編]

 穏やかに過ぎて行く日々のなかで二年経った。
 二人の生活はやっと軌道にのリ、これからという時に子供を授かったことが
分かった。
 一瞬困惑した私とは違って彼の喜びょうは呆れるほどで、直ぐに父親になった。
 何とか生活の目途が経ったところでよかったと有頂天になった。

 もう少し仕事を続けたいと言う私のために家事一切を引き受けると言いだした。
雨戸の開け閉めはするな、思い物は持つな、早足に歩くな。そんな彼を見ていると
つい私も嬉しくなって期待に応えて元気な赤ちゃんを彼に抱かせたいと心の底から
思うようになった。
 
 彼に支えられ安心して日々を過ごせた私は体調も良く、赤ちゃんも順調に経過して
何の問題もなくその日を迎えることとなった。
 誰も知らないこの地での初産は心細いと彼と父母が相談して、予定日は一月末
だというのに年末には彼に送られて実家に帰った。
 生まれる子供は父母にとっては初孫で、祖父母や弟妹たちが喜んで待っていた。
 正月が終わり一人で汽車で三時間のわが家へ帰る彼に
「寒いし寂しいし大変だね。ごめんね大丈夫?」
私は少し胸が痛んだ。
「全然大丈夫だよ。貴女こそ頑張って。」
逆に私を励ましてくれて、明るく笑った。

 そして週末には必ず様子を見にやってきて、私のお腹に手を当てて赤ちゃんにも
頑張れ! とエールを送り続けた。

 彼が丁度出張で来ていたその日、母と彼に付き添われて私は入院した。
病室で陣痛が来る度に、彼は私の手を握りしめて耳元で
「僕たちの大切な赤ちゃんだよ。頑張って..」.と囁き続けた。
 廊下の椅子に座った母と彼の心配そうな顔に、私は無理やり笑って見せて分娩室に
はいった。
 そして約四十分、もう死ぬかと思った時
「ふうぎゃあ~ ふうぎゃあ~」
 私の想像とは全然違う、ちいさな優しい産声を上げて私たちの赤ちゃんが生まれた。
 「元気な男の子ですよ」
助産婦さんが大きな声で言いながら、小さくて真っ赤な赤ちゃんをそっと私の胸の上に
乗せてくれた。
 今までの苦しさが嘘のように消えて、私は涙でよく見えないわが子に手を添えた。
その時
「先生お父さんが、赤ちゃんの写真を是非撮らせて欲しいと外にいるのですが。」
という声が聞こえた。一瞬の沈黙の後
「ここへ入れてはいけないんだが、まあ特別ということでいいでしょう。」
先生の声が聞こえた。
 彼がどのような状況で子供の写真をとったのか、私には分からなかった。

後で聞いたところでは、彼は生まれたばかりの子供の写真は絶対に撮りたいと思って
いたそうだ

 一週間振りに病院へやって来た彼は、にこにこと大きな箱を差し出した。
私は忘れていたけれど、お産の後ケーキが食べたいと言ったらしい。色々なショート
ケーキが三十個も。同室の皆さんにも食べてほしかったのだと。
私は彼の気持ちが嬉しくて、涙をぬぐいながら三個も食べた。
 そして彼が「はい、もうひとつプレゼント。」といって一枚の写真を手渡してくれた。

 それは分娩室の大きな台の上にある体重計のかごのなかで、生まれたばかりの
赤ちゃんが、両手両足を精一杯伸ばし力の限り泣いている姿。

 横の辺りには薬剤や注射器やガーゼなどが乱雑にあり、緊迫した分娩室の様子が
伺え、この赤ちゃんが今生まれたのだとはっきりわかる。

 私は一瞬胸が痛くなるような感動を覚えた。この一枚の写真は彼がどんなに深く
この子を愛しているかという証ではないか。

 私は彼の顔をみた。いつもの穏やかな笑顔は私のもの、私は万感の想いをこめて
最高の笑顔を返した。 

  
nice!(5)  コメント(2) 

面影草  8 [短編]

 二人が新居を構えたのは県庁所在地に次ぐ県東の工業都市だった。
大企業S傘下の会社が五社もあり、活気に満ちたブルーカラーの街でその
下請けも含めると市民の殆どが何らかの形でSに関わり、Sなしでは夜も
日も明けぬ様子の街だった。
 そんな中で彼は役所勤務だったのでまあ恵まれていた。
 私は街の中心部の商店街にある株式会社とは名ばかりの、社員十五名
ほどの電気屋にやっと就職した。
 二人には休日も勤務時間も違って、思い描いた理想には程遠い共稼生活。
 私たちが出会った県都とは、街のたたづまいも生活の雰囲気も違った。この
ことは、彼がこの街に転職を決めた時から少し気になっていたことではあった。
私は「住めば都よ、まして彼が一緒なら」といつも自分に言いきかせていた。
 それでも始まってみれば二人の新しい生活は楽しくて、定時に帰宅出来る
彼が夕食を作って待っていてくれる時もあった。
すまないという気持はいつもあった私だけれど、彼が何の抵抗もなさそうに
そうしてくれることで、満足していたし感謝もしていた。
 家からバス停まで五分バスで十分で私の職場へ着く。彼は自転車で十五分
でゆうゆう役所に行けた。
 週に一回ある私の遅番の日に仕事が終わる八時頃、彼は決まって自転車で
迎えに来てくれた。
 二人は商店街の一つ奥の裏通りに、六、七軒が並んでいる屋台通りへ。
そこには赤提灯や裸電球ゆらゆら揺れて、自慢のうどんやラーメンを商う
屋台がそれぞれ味の腕を競っている。一日の仕事を終えた大勢の人たちの
笑顔が重なり合って、通りは活気に満ちている。
 二人がいつも行く店「一軒目」。元気なおばちゃんが「いらっしゃい」とびっくり
するほどの大声と笑顔で迎えてくれる。
 初めてここに来た日、私は恥ずかしいから屋台なんて嫌だと言うのに、彼は
前から一度来たかったのだと絶対に譲らなかった。
 おずおず、うろうろ、きょろきょろしていたら
「おーいそこの恋人たち何しているこっちこっち美味しい鍋焼きあるよ。」
目の前の屋台の暖簾の向こうからおばちゃんが手を振ってくれた。
 そしてこのおばちゃんと、おいしい鍋焼きとおでんが気に入った私たちは
その後ずっとこの「一軒目」に通い続けた。
 お腹がいっぱいになると帰りはご機嫌で二人で大声で歌いながら帰った。

 春は川岸の桜並木をおぼろ月に見守られながら。
 
 夏には少し遠回りをして海辺の道を浜風に吹かれて。

 秋にはとうとう自転車を放り出して、川の土手に座り清らかに澄み渡る月を
いつまでも眺めた。

 冬にはびゅんびゅんと吹く北風に向かって、彼が力いっぱい自転車をこいだ。

 貧しくて厳しい新婚生活だったが辛いと思ったことはなかった。
 大好き彼といつも一緒にいられること、これ以上の幸せなど私には考えられ
なかった。
 

nice!(2)  コメント(4)