So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

七月十三日 金曜日 [エッセイ]

 青い空も照り付ける太陽のギラギラした光もあの日と変わらない。
ただ流れた年月だけがいかにも長くて、こんなにもと今更のように思う。

 四十五年前の七月十三日金曜日、父が五十九歳で亡くなった。
三年前に初期の胃がんが見つかり「手術は大成功でした。」と執刀した医師が太鼓判を
押してからたった三年。
 職場の花見の宴席で倒れたが検査の結果貧血ということになり、入院をすることもなく
治療しながら仕事をしていた。
 私はこれですっかり安心して胸をなでおろした。
この世で誰よりも大好きで心から尊敬できる父だったから。
 六月の父の日のプレゼントのゴルフボールを持って行ったとき、何だか元気がなく
あまり嬉しそうな顔をしなかったことが、心にひっかかった。
 ゴルフ大好きでお世辞にも上手とはいえなかったが、弟や妹たちとよくでかけていたから。
 それから間もなく体がだるいと言い入院をすることになった。
一週間ぶりに見た父は車にのるのも辛そうに弱っているように見えた。
 それから三週間、入院してからは割に元気で、私たち一家は毎日のように様子を見に行った。
 七月十二日の夜見舞った時父が、
「今夜は泊まって行きなさい。」と大きな声で言った。
私は夫と顔を見合わせて
「泊まれと言っても四人も?お母さんもいるし」と言うと
「そしたらいいよ。」呟くように言って寂しそうに笑った父の顔を私は忘れることが出来ない。
 翌早朝父の様子がおかしいと、母からの電話に夫と二人で飛んで行った。
 その時何気なく見た日めくりカレンダーの七月十三日 金曜日という文字がとても嫌だった。

 母、私たち子供、孫が見守るなか十時五分父は安らかに旅立った。

 私が駆けつけた時「今朝は少し体がだるい」と話も出来たし先生も緊急事態とも言われず
弟たちと職場に「少し遅れます」と順番に公衆電話をかけたくらいだったのに。

 その日から私は十三日の金曜日が嫌というより恐ろしくなった。
このことを話題にしている友などに
「そんな迷信みたいなこと、馬鹿みたい」
 と、もともと迷信とかゲン担ぎをまったく気にしていなかった私だった。

 そうそうあの日「太陽にほえろ」の一番人気だった刑事も殉職したんだった。

 七月十二日の夜病室の付き添い用の和室、四畳半もあったのだし真夏のことでお布団も
いらなかったのだから、泊まればよかった。仕事や子供の学校のこと、自分たちの都合だけ
考えていた私。
 父の最後の願いを、それも簡単なことなのにそれを聞かなかったことが情けない。
毎日行っても泊まれなど言ったことなかったのに。
 ずっとこのことは私の中で悲しい思い出になっている。夫ともこの話はしたことがなかった。
きっと彼も私と同じ思いだったのだろう。

 四十五年目の七月十三日 金曜日 私の結婚式の日の父母と並んだ嬉しそうな写真を
朝から何回も見ている自分がおかしい。
 
 今頃天国で三人で私の話をしているのだろうと思うと心が逸る。ああ。
 



nice!(4)  コメント(2) 

よろよろと七歳になったさくらんぼ日記

 台風七号が大雨とともに日本海を通過している模様です。大雨予報の当地は

風は強めに吹いているものの気温三十一度で、空は晴れ渡っています。

 かなり揺れている庭の木をみていて、あれーと思い出しました。

 梅雨明けの紫陽花をみながら「さくらんぼ日記」初めてブログを書いた日のこと。

 あれあれさくらんぼ日記七歳になってしまいました。

 「さくらんぼ日記二歳になりました」と五年前のブログなんと二年で二百個も書いて

いたらしい。「二年で二百いいですね」と尊敬するRさんからコメント頂いています。

 それがどうでしょう。その後の五年間でやっと百八十余だからがっくりです。

年のせい。才能ない。大病した。怠けていた。理由はいっぱいあるけれど、私にとって

ブログは無くてはならない大切なもの。生きていく力と言っても過言ではないのです。

 自分が書くこともだけど、素敵な人たちの才能あふれるブログに会えることが、何より

楽しみで、「書けなくても読む」が元気の源です。

 かけがえのない人を亡くして、地の底を這いまわっているような虚しさの続いていた

ある日、書くことが好きな私に娘が教えてくれたブログです。

 ただ書くことでやっと自分を支えられた気がしました。あの時の感動を思い起こして

初心に帰って、よろよろながら細々とでもいい「さくらんぼ日記」頑張ろうと決めました。

 皆さん今後ともよろしくお願いいたします。 



nice!(5)  コメント(2) 

春子さんの茶の間 その3 [短編]

 空梅雨気味の空を見上げてため息一つの春子さん。
自慢の紫陽花は葉っぱばかりがどんどん伸びて、少し前に一輪だけ寂しげに咲いた花が
そろそろ色褪せて来た。
 こんなのは初めて。
 毎年次々に大輪の花を咲かせてくれて雨に一入の感ありと、嬉しがっていたのに。
もしかして寿命?と不吉なこと考えたりする。
 
 もう二十年以上やっているシロアリ駆除の点検に業者が来た。五年毎に契約更改をして
毎年一回無料の点検に来て下さる。この辺りは湿気が多いということで太陽電池で動く
換気扇や扇風機も入れた。
 三十分ほど床下でトントン、ごそごそ作業して、汗みどろで出てこられるので、六月に
なって初めてエアコンを入れた。
 冷たいお茶を一口飲んで、早速タブレットに写してきた床下の状態を見せてくれる。
三年くらい前まではテレビに写していたから、これも進歩したのだなあと春子さん感服。
 「異常はありませんが所々湿気がひどく、土台のコンクリートにカビか来ています。」
はいはいと検査書に署名してすましている春子さん。いつまで住めるか分からないこの
家に余計なお金はかけないと決めている。
 「この団地で一緒に五軒くらいお宅と契約してた皆さんまだ続けていますか」
何気なく聞いた春子さんに
「あのそういうことはお知らせできないんです。個人情報になりますので。」
春子さんは呆れながらも黙っていた。
 これが?個人情報ってそんなに大したことではないのに。
近頃立て続けにこういう場面にであった。
 職場で社員の個人の電話番号を教えてくれない。歯科で春子さんの友人が治療に
来る日を聞いても教えてくれない。春子さんが紹介した人なのに。
 確かに電話に関わる詐欺など多いけれど、ここまでやるか。と笑えてしまう。
 
 世の中潤いなくなったなあ。人間を信じないということでしょう。少し方向性が
違う気がする。人間って本質的にもっと誠実で優しくて信頼していいものではないか。

 業者さんが帰ると、春子さんは茶の間のお気に入りの椅子にへたりこんだ。
何か空模様まで変な様子になり、じっとり汗も出てきて気分も悪くなって来た。
 
 平成も後一年足らず、ああ昭和はよかったと遠い遠い昔に思いを馳せる。

でもサッカーは素晴らしい、今ここに生きていてずっと応援してきた彼らの大活躍を
見られるだけでも幸せだ。
 ヨーロッパ旅行のフランスで、真夜中に着いたリオンの駅で春子さんが現地のガイド
さんに開口一番「サッカーどうなりました」と聞いたw杯フランス大会。
「負けたけど川口さんカッコよかったですよ。」
ニコニコ顔の美しいガイドさんのこと今もはっきり覚えている。

 やっぱり元気で生きているということは素晴らしいことかもしれない。
今夜は嬉しくて興奮して眠れない夜になればいいのに。きっとなる。

 冷たい麦茶を飲みながら春子さんの気持ちも大分穏やかに落ち着いて来ようだ。
 


nice!(5)  コメント(2) 

ポンコツ車のお手入れ [日記]

 梅雨入りしてから初めて本格的な雨が一日中降りました。
どんよりとした曇り空が続いて、時には日差しも。本当に梅雨なの。
 暑くも寒くもなく過ごしやすい。朝晩の寒暖の差さえ気をつけていればいい。
 
 そんな折、何かにつけて顔を見せてくれる親友から一週間以上音沙汰がありません。
気になって電話してみると弱弱しい声で
「私もう駄目みたい。体がだるくて起き上がれないよ。こんなのならいっそ海に
入って死んでしまいたい。」
 きれいで、華奢で優しいのに力持ちで、家事一般のみならず、私が出来ないことを
さっとやってのける。その上とても元気なのです。
私の尊敬して止まない同級生のSさん。
彼女のこんな弱音は初めて聞いたので本当に驚きました。
 今からかかりつけの病院へ行くところとか。
「ああそれならよかった。とにかく行っておいで、気をつけてね」
 
 時々腰が痛くなるくらいで、お年の割にはお元気な旦那様と悠々自適の毎日のSさん。
そんな様子を見ていつも羨ましく思う私です。
 でも考えてみると彼女がいつも言う
「私は主人を見送ってからでないと死ねないから、自分の健康にも気を付けているの」
と毎年健康診断や胃カメラ、大腸検査も怠らない。
 私は凄いなあと心底感心しています。怖がり屋の私は「探してまで病気はしない」と
豪語して何もやりません。いつ死んでもいいものと可愛げがありません。
 その割にはどこかおかしいとすぐ病院に行くと子供たちに笑われています。

 私も大病をして丸三年が過ぎ、三か月に一回の血液検査と半年に一回のCT検査も半年
に一回でいいことになり、待ち時間二時間、先生と五分の通院も気分的に楽になりました。
 それでも歯科や眼科のお世話にはなります。
 朝、血圧の薬一錠飲むだけで病気をした割には元気だと内心自慢に思っています。
 Sさんも私もこの年まで頑張ってくれた自分の体のお手入れを怠っては駄目です。
 自分のことだけ考えていればいい私と違って、Sさんは大変だけど頑張ってほしいと
思っています。私のためにもね。

 後日元気な声でSさんから電話がきました。いろいろ検査したけれど悪いところは
なくて、疲労だろうと一週間入院して点滴を受けたら元気が出たと。
 その間東京から娘さんが帰って来てご主人の面倒をみてくれたという。

 ずっと気にしつつこちらからの連絡は控ていて正解でした。あれだけ気をつけて
いるのだから、病気のはずはないと確信していた私です。
これからは自分の年齢とも相談しつつ、旦那様も大切だけど自分が一番だよと、少し
大きな声で激励して、私の予定を知らせておきました。
 梅雨の晴れ間の一日久し振りに二人で美味しいコーヒー飲みましょう。

nice!(6)  コメント(4) 

早くも入梅です [日記]

 五月十日に帰って来てわが家はやっぱり好きとのんびりするはずが予定はびっしり。
結局十三日間も出かけたことになります。
 ああ道理で疲れたわけです。
 
 病気して三年過ぎたので胃カメラと大腸内視鏡検査しましょうと先生。
やれやれ面倒だなあと思いつつ二日間受診しました。
 結果は異常なしで、今後三年か五年は検査はいらないとか。
「そんなに命ありません」と言いたかったけどにっこり笑って黙っていました。

 後歯科が三回。カルチャースクール五回。デパート二回(友の会満期で継続の手続き)
(上京前に注文していた本を取りに。)のお出かけ。

 二十日の日曜日は校区のグランドゴルフに出て下さいと団地の役員さんに頼まれて
「ほうきで庭がはける人なら誰でも出来る」というお誘いの回覧板の文句が気に入って
それならと、見たこともしたこともない五人が年寄り組で出ることにしました。
 
 五月晴れのグランドは老若男女、颯爽とベテランらしい皆さん張り切っていました。
はじめて見るクラブ、打ち方をちょっと教えてもらって、二、三回練習しました。

 早速本番。小さい五色の球は本人の意思など無視して自由自在好きな方角へ飛んで
いきます。
長い距離の場合、目標の旗も定かではない人もいるのだからお笑いです。
 きゃあきゃあ楽しくやりました。初めてにしては上手だと秘かに自画自賛したり。

 一時間ほどで一回りして、ああ終わったとホットしていると、まだ半分だとのこと
もう無理です。カーリングよろしく相手チームと握手してギブアップしました。

 団地の若手組の皆さん頑張ってねと、エールを送り一足早く会場を後に。
帰りには後日の筋肉痛を覚悟しつつ「思ったより楽しかったね。来年もやろう」と
皆で笑いました。
 皆さんに引っ張られて参加したけれど、たまには体を動かすのもいいかなあ。

 激動の五月もあと二日。またテニスやサッカーにドキドキわくわくの日々が始まる。

 去年より九日、例年より二十三日も早く梅雨入りした当地ですが、今日の降水確率
50%という予報はどこえやら薄日がさしています。

 庭に伸びてきた若草色の雑草を横目に、ノラの私の六月が始まります。

nice!(5)  コメント(0) 

わが家ばんざい!! [日記]

懐かしい我が家へ帰って五日目になります。

 曇り空の羽田発、雷雲を突き切ってガタガタ揺れる飛行機はあっという間に陽の光が
まぶしい青空のてっぺんに。
 離陸して十五分飛行機に雷が落ちるというおまけまでついて。
ピカッと光ってドンと音はしました。本を読んでいた私は光は猛烈に感じたけれど
音はたいしたことなくて、飛行機も揺れもせず十分後機長の説明がなければ乗客は
誰も気がつかなかったと思います。
 とにかく快晴のわが街に就きました。

 出かけるとき見事に咲いていたつつじの花が、枯れはてた花をその木の上に落とし
無残な姿を晒していました。
庭の木々は若緑に光り、ついでに雑草も自由自在に伸びてわが世の春を。
 あれもこれもしなければならない仕事が次々に頭を駆け巡ります。
最低限度のことだけして、それでも本当に疲れました。
 これが齢を重ねるというのでしょう。
 東京ではのんびり今回は子供たち九連休でも温泉にも出かけなかったのに。
 
 「帰りました」と仲良しさんにご挨拶すると
「あらちょうどよかったタケノコとぶん豆たっぷりのちらし寿司今できたところ」
早速沢山頂いて今夜のご飯作らなくていいや!と嬉しい私。
 電話で「ただ今」と留守電いれたらにこにこと飛んで来た友は、お裾分けと
真っ赤な大きなトマトを差し出しました。
「貴女がここにいないと思うと寂しくて。ああよかった」社交辞令でも嬉しい。

 この頃時々、年のこと考えてちらっと東京の子供たちの顔が浮かぶ時もあったけど
ああやっぱりここがいい。と改めて思ってしまうのです。

 お花を飾って「ただ今、子供たち元気だったよ。貴方が一緒ならどんなにいいか。」
いつもと同じセリフを言ってお線香炊いて夜はゆっくり少し長めのお祈り。

 三日間、歯科 草引き、電話報告、お墓詣り、その間に大谷君にも目が話せない。
ああ疲れました。
 
 今日も歯科。今週お出かけ予定三日。倒れるくらいしんどいのに、リポビタン三口で
元気を出すのです。
 昨日の雨がうそのように快晴の昼下がりです。
 なんだか頑張れそうな気がしてきました。いい季節なのだから。

nice!(5)  コメント(4) 

春子さんの茶の間 その2 [短編]

「きれいに咲いたねえ」「豪華だと言ってもいいくらい」「だってもう植えてから
四十年にもなるらしいよ」
 二階に行こうと階段を上がりか時、話声が聞こえた。
 春子さんはにんまり、玄関先のつつじの花に見入っている三人の顔が浮かんだ。
五月晴れの素敵な昼下がり、今出ていったら長くなるだろうと思いつつ、ドアを開けた。
「あら春子さんお出かけでなかったの」三人がにこにこしている。
「はい今日はお出かけの予定はありません」春子さんも少しおどけて応える。

 話題のつつじは直径半間はある大きさで、こんもりと傘を広げたようにブロック塀の
うえまで盛り上がって濃いピンク色の花がびっしり。
 春子さんも玄関の出入りについ立ち止まって見入ってしまうほど見事に美しいのだ。
南の道路に面していないのが残念なほど。
 春子さんの家は団地の東南のかどにあるので、東の玄関まで来ないと気づきにくい。
それでも気が就いた人がわざわざ見に来て、いろんな褒め言葉でこのつつじを愛でている
のを窓のそばで聞きながら、内心自慢たっぷり、嬉しくてたまらない春子さんである。

 このつつじは結婚した時、春夫さんの実家から小さな苗木を持ってきて二人で植えた
記念樹なのだ。
 なかなか大きくならなくて、花も咲かず毎年期待しすぎたからかなあ、などと話して
いた。長い年月にいつからか花が咲き木も少しづつ成長した。
 そして二人がこの木にばかり関わっていられない間に、こんなに大きく花が咲いた。
 特に春夫さんがいなくなってから一際きれいになった気がしている春子さんである。

 春子さんは上機嫌で三人を家に招きいれた。コーヒタイムにはもってこい。
三人は春子さんが心を許せる人たちだった。
 明るくて誰とでも付き合える人、とみんなはいうが、本当の花子さんはそうではない。
けっこう神経質で知らない人に話しかけることはまずない。
でも気心のしれた人となら、一人で喋っていると言ってもいいほど喋る。
 なぜか 春子さん自身にも理由は分からない。

 今日は三人いるからいつもの春子さんの茶の間ではなく、リビングへ案内する。

 

一人住いには大き過ぎるテーブル。真ん中にチューリップの花がガラスの花瓶に数本。
ゆったりした椅子が六脚。
 レースのカーテンも、海老茶色の地にオフホワイトの模様が美しいどっしりした厚手の
カーテンも、春夫さんが気に入って決めたものだ。
 大きな本箱には春子さんの本がびっしり。好きな古典の専門書から小説、最近奥の方から
前面に置きなおした「日本国憲法」かなり古びてみえる。
 ぼーっと座っているとき、前文と第九条を読み返している。
 ピアノの横の戸棚に控えめに家族の写真が数葉、一つの額にいれてたてかけてある
壁には春夫さんの淡彩画の額がいくつか掛けてあって、この部屋にしっくりなじんでいる。

「ここに来ると落ち着くよねえ。だから好き。」とМさん。五歳年下の優しい人。
「コーヒーも美味しいしね。」と同い年のSさんは一番長いお付き合い。
「前通るたびに春子さんいないかなあ」とつい思ってと笑うHさんは、ひとつ年上で陽気で
声が大きい。
三人とも春子さんが心を許しているいい隣人である。

 コーヒーが入って有り合わせのお菓子などつまみながら楽しい時間が過ぎて行く。
 春子さん以外は同居の子供さんがいるが、夫を亡くして遺族年金生活者の似たような
境遇だから、いいのかもしれない。
 でもみんなそれぞれ忙しくて、三人揃ってコーヒータイムなんて滅多にない。

 春子さんも一人になってもこういう隣人がいることはとても心強い。
いざという時頼りになる気がするのだ。

 それにしてもあのつつじの花は素晴らしい、人間で言えば花も恥じらう二十歳かと
誰かが言えば、いやいやあの妖艶さは....とまた花の話でもりあがる三人である。

 いつの間にか傾き始めたガラス越しの陽の光を気にしつつ、リビングに穏やかな
時が過ぎて行く。

 久し振りに賑やかで楽しい時間だと春子さんも幸せな気分の午後だ。

nice!(6)  コメント(2) 

近くて遠い? 遠くて近い? [日記]

昨日の雨がうそのように晴れ上がって心地よい朝です。

 ゴールデンウイークを東京で。恒例になって十年になります。

家からタクシーで空港まで二十分。飛行機は一時間二十分で羽田空港に到着します。

リムジンバスの時間まで約一時間あるけれど、長い長い通路を到着ロビーまで

かなり歩きます。

 バスは約一時間で目的地の駅へ。息子のマンションまで徒歩三分。

 合計四時間です。

 飛行機の出発が遅れたり、リムジンバスが渋滞にかかるという不測のことが

ない限りはこの時間設定で大丈夫です。

 私はこの時間を長く感じたことはないのですが、待ち受けてくれる親友は

「やっぱり遠いねえ」

 そりゃあ二人の娘さんがすぐ近くに住む彼女にしてみれば、私たち親子の距離は

遠いです。いざという時間にあわん。と思っているのでしょう。

 それでも子供たちも生まれた土地より東京で過ごした年月の方断然長くなりました。
 
 とりあえず私は私のやり方で、遠くて近い子供たちと素敵なこれからが過ごせたら

いいなあと思っています。




nice!(4)  コメント(2) 

卯月のこころ模様 [エッセイ]

 今年の桜はもう葉桜。
 卯月半ばだというのに目に飛び込んでくるのは、きらきらと若緑の輝き。
 我が家の゜庭も遅咲きの藪椿の一二輪が小さく赤く咲き残り、紫木蓮と花周防のほかは
初夏の感ありというところ。

 私の中で卯月は大切で嬉しい楽しい思い出がいっぱいつまっている季節なのだ。

 卯月の声を聞くとそわそわ、朝から晴れ渡り降り注ぐ太陽の光までが微笑みかけて
くれるような日は、思いははるかうん十年前に猛スピードで遡り、若かりし頃の自分を
みつけて満足だげと、我に返れば苦笑い。
 
 私のそばで勿論、彼もしっかり若返ってにこにこしている。

 今日は四月十一日。ふと閃いて確信にも似た想いで思い出のひとつを持ちだしてきた。
便箋の色も赤茶けて、何度も読み返した私の指紋と涙で薄汚れている彼との往復書簡

 少しドキドキしながら、そっと最後のページの日付を見る。
 「昭和三十五年四月十一日」私は大声を上げたい衝動にかられた。「やっぱり」

 「これがフィアンセとして貴方に贈る最後の手紙になるでしょう」
 心を込めて書いた私の万年筆の文字が、あの時の私の気持ちを鮮明に思いださせた。
 そこには離れ住んでいた結婚までの切ない三年の日々、いつも我儘で自分の思いを通し
続けた私を、優しく見守ってくれた彼への感謝と、結婚したらあなたが望むいいお嫁さんに
なりますと、可愛らしい?私の決意がしっかりと書かれている。

 三日後の彼からの返信には、こんな理想の家庭を作りたいという彼の三つの「信条」が
書いてあり、それは、若い二人で生きていくこれからの生活が容易でないことを、私に
知らしめるに十分な説得力があり、身の引き締まる思いがしたものだった。
 手紙の最後には私にたいする約束事が三つ、彼の優しさが溢れる言葉で綴られている。

 今日のこの手紙を読むことになった偶然を、私は彼からの贈り物だと信じている。

 そうそう「これから二人で生きていく歳月は長ければ長いぼといい」手紙に書いてあった
この言葉だけが唯一彼が果たしてくれなかった私との約束だ。

 彼が逝って十年余、時々取り出してみるこの手紙が、私に生きる元気をくれる唯一の
ものとさえ思えるのだ。

 卯月 うらうらと暖かで優しいのに、青い空をみているとふと胸が痛くなる。
 白山吹の花が、やさしい風にゆれている卯月の昼下がり、ひとりの私。
nice!(5)  コメント(2) 

あっという間に桜満開 幸せな私 [日記]

 「桜見物は来週だね」つい先日友人とそんな話をしたばかりなのに、今どこの

桜も満開です。

 暖かくなってさすがのノラの私も、あれもこれも家事全般やる気になっていました。

でも桜の様子を見に行かなくては。一週間前ふと思いついて一人で城山に登りました。

 登りはリフト真っ青の空に透き通る陽の光。城山の木々は緑に茂っていたけれど

かなりある桜はつぼみのまま、咲いていたのは一、二本。お城広場も同じ状態。

 久し振りに上った天守閣からも、桜の花は見えませんでした。

 まあ二、三日前に開花宣言したところだから、こんなものだろうとそれでも春の

気配は十分感じつつ、下りはロープウエイにしました。

 観光客は結構多くてお城も街も賑わっていました。

  あれからたった三日なのに、あっという間に満開。もうどこを見ても桜さくら。

このところの気まぐれな気候の変化にはついていけそうにありません。

 これで朝夕は結構肌寒いし体調を整えるのも大変です。

 
 あまり早く満開になったので突然ですが、ご都合はいかがですかと、昨日は若い

友人のお誘いに嬉しくて、二つ返事で十一時頃から五時過ぎまで、車であちこちの

桜に逢いにつれて行っていただきました。

 大きな川岸に何十本と咲き競う白やピンクや紅の桜の花。満開の満開。その桜の下で

風に散る花びらを浴びながら食べたお弁当の美味しかったこと。

 見渡す限り黄色い絨毯を敷き詰めたような、菜の花を見るおまけまでついて幸せな

私でした。

 わが子より若い友人の優しさが胸の底までしみて涙が落ちそうでした。

 有難う。

 こんなおばあさんと行くより旦那様やお友だちと行く方がきっと楽しいに違いない

のに。

 この感謝の気持ちは言葉では表せません。桜や菜の花も美しかったけれど、彼女の

心根の優しさ、美しさも負けていないと思いました。

 私も彼女を見習って可愛らしいおばあちゃんにならなくてはと秘かに決心しました。

 明日も歩いて十分ほどの桜の名所へ、ご近所の人たちとお花見の約束が出来ています。

 あれもこれもやること沢山あるのに.....。桜の花には勝てません。





 








nice!(4)  コメント(4) 
前の10件 | -