So-net無料ブログ作成

逢いたい人たちに [日記]

 濃い紅色と、白とピンクのツートンカラーの花が満開になった我が家の椿。
連日の雨にポロリポロリと散っていきます。
 そしてこの花たちも私の逢いたい人たちのいるあちらへ行くのでしょう。

 あちらではお彼岸には皆で集まって色々な話に花が咲くのでしょうか。
懐かしい顔が次々と浮かんできます。

 私は長女なので弟たちは健在、遠くに住む私に月に一回くらいは「元気か」と声をかけてくれます。跡継ぎの弟は近くにいて何かと気を配ってくれるのが、何よりの私の心のよりどころです。
 
 夫の兄姉たちはすでにあちらへ。残るは末っ子の妹一人となりました。
ただ夫以外はみんな85歳を過ぎていたし、父は94歳母は106歳みなさん長寿を全うしたと私は
思っています。

 それに比べれば私の両親は早めに、特に父は59歳その悔しさは半世紀経た今も私の脳裏から
消えていません。私お父さんっ子でしたから。ふふふ。

 そしてその父を思うたびに、もしかしてみんなで私のこと待っているのではと思ったり。
若いつもりでいても、こんなことを考えるようになった私はやっぱり.....。仲間入りしたい
気もするし、もう少し待ってという気も見え隠れします。
 このところ体調もよくて
「おかしいのよ、ろうそくの灯が消える前にさっと明るくなる言うでしょう。私あれかも」
先夜電話の時娘に言いました。
「またそんなこと言って、いつかも同じこと言ってたよ。もっと前向きに考え方変えたら?」
笑っていました。世間の年寄りなみに愚痴ってるな、と思われたと思うとああ悔しい。

 今のところ元気なのだからグチグチ言うのは止めて頑張りましょう。

 ここにいれば古い友だちとも会えるし、ご近所の人たちも優しくして下さる。
今日は朝から春の陽が降りそそぎ、昨日の雨が嘘のよう。
 もうすぐ桜の花も満開になるでしょう。来週若い友人とお花見の約束しています。

 逢いたい人たちに逢うのはもう少し先にしましょうか。 


 

 
nice!(6)  コメント(2) 

nice! 6

コメント 2

リンさん

そうですよ、danさん、
いつか私とも会ってくださいね。
by リンさん (2019-03-23 17:33) 

dan

有難うございます。絶対逢いたいです。
よろしく。

by dan (2019-03-24 10:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。