So-net無料ブログ作成

春子さんの茶の間 その3 [短編]

 空梅雨気味の空を見上げてため息一つの春子さん。
自慢の紫陽花は葉っぱばかりがどんどん伸びて、少し前に一輪だけ寂しげに咲いた花が
そろそろ色褪せて来た。
 こんなのは初めて。
 毎年次々に大輪の花を咲かせてくれて雨に一入の感ありと、嬉しがっていたのに。
もしかして寿命?と不吉なこと考えたりする。
 
 もう二十年以上やっているシロアリ駆除の点検に業者が来た。五年毎に契約更改をして
毎年一回無料の点検に来て下さる。この辺りは湿気が多いということで太陽電池で動く
換気扇や扇風機も入れた。
 三十分ほど床下でトントン、ごそごそ作業して、汗みどろで出てこられるので、六月に
なって初めてエアコンを入れた。
 冷たいお茶を一口飲んで、早速タブレットに写してきた床下の状態を見せてくれる。
三年くらい前まではテレビに写していたから、これも進歩したのだなあと春子さん感服。
 「異常はありませんが所々湿気がひどく、土台のコンクリートにカビか来ています。」
はいはいと検査書に署名してすましている春子さん。いつまで住めるか分からないこの
家に余計なお金はかけないと決めている。
 「この団地で一緒に五軒くらいお宅と契約してた皆さんまだ続けていますか」
何気なく聞いた春子さんに
「あのそういうことはお知らせできないんです。個人情報になりますので。」
春子さんは呆れながらも黙っていた。
 これが?個人情報ってそんなに大したことではないのに。
近頃立て続けにこういう場面にであった。
 職場で社員の個人の電話番号を教えてくれない。歯科で春子さんの友人が治療に
来る日を聞いても教えてくれない。春子さんが紹介した人なのに。
 確かに電話に関わる詐欺など多いけれど、ここまでやるか。と笑えてしまう。
 
 世の中潤いなくなったなあ。人間を信じないということでしょう。少し方向性が
違う気がする。人間って本質的にもっと誠実で優しくて信頼していいものではないか。

 業者さんが帰ると、春子さんは茶の間のお気に入りの椅子にへたりこんだ。
何か空模様まで変な様子になり、じっとり汗も出てきて気分も悪くなって来た。
 
 平成も後一年足らず、ああ昭和はよかったと遠い遠い昔に思いを馳せる。

でもサッカーは素晴らしい、今ここに生きていてずっと応援してきた彼らの大活躍を
見られるだけでも幸せだ。
 ヨーロッパ旅行のフランスで、真夜中に着いたリオンの駅で春子さんが現地のガイド
さんに開口一番「サッカーどうなりました」と聞いたw杯フランス大会。
「負けたけど川口さんカッコよかったですよ。」
ニコニコ顔の美しいガイドさんのこと今もはっきり覚えている。

 やっぱり元気で生きているということは素晴らしいことかもしれない。
今夜は嬉しくて興奮して眠れない夜になればいいのに。きっとなる。

 冷たい麦茶を飲みながら春子さんの気持ちも大分穏やかに落ち着いて来ようだ。
 


nice!(5)  コメント(2) 

ポンコツ車のお手入れ [日記]

 梅雨入りしてから初めて本格的な雨が一日中降りました。
どんよりとした曇り空が続いて、時には日差しも。本当に梅雨なの。
 暑くも寒くもなく過ごしやすい。朝晩の寒暖の差さえ気をつけていればいい。
 
 そんな折、何かにつけて顔を見せてくれる親友から一週間以上音沙汰がありません。
気になって電話してみると弱弱しい声で
「私もう駄目みたい。体がだるくて起き上がれないよ。こんなのならいっそ海に
入って死んでしまいたい。」
 きれいで、華奢で優しいのに力持ちで、家事一般のみならず、私が出来ないことを
さっとやってのける。その上とても元気なのです。
私の尊敬して止まない同級生のSさん。
彼女のこんな弱音は初めて聞いたので本当に驚きました。
 今からかかりつけの病院へ行くところとか。
「ああそれならよかった。とにかく行っておいで、気をつけてね」
 
 時々腰が痛くなるくらいで、お年の割にはお元気な旦那様と悠々自適の毎日のSさん。
そんな様子を見ていつも羨ましく思う私です。
 でも考えてみると彼女がいつも言う
「私は主人を見送ってからでないと死ねないから、自分の健康にも気を付けているの」
と毎年健康診断や胃カメラ、大腸検査も怠らない。
 私は凄いなあと心底感心しています。怖がり屋の私は「探してまで病気はしない」と
豪語して何もやりません。いつ死んでもいいものと可愛げがありません。
 その割にはどこかおかしいとすぐ病院に行くと子供たちに笑われています。

 私も大病をして丸三年が過ぎ、三か月に一回の血液検査と半年に一回のCT検査も半年
に一回でいいことになり、待ち時間二時間、先生と五分の通院も気分的に楽になりました。
 それでも歯科や眼科のお世話にはなります。
 朝、血圧の薬一錠飲むだけで病気をした割には元気だと内心自慢に思っています。
 Sさんも私もこの年まで頑張ってくれた自分の体のお手入れを怠っては駄目です。
 自分のことだけ考えていればいい私と違って、Sさんは大変だけど頑張ってほしいと
思っています。私のためにもね。

 後日元気な声でSさんから電話がきました。いろいろ検査したけれど悪いところは
なくて、疲労だろうと一週間入院して点滴を受けたら元気が出たと。
 その間東京から娘さんが帰って来てご主人の面倒をみてくれたという。

 ずっと気にしつつこちらからの連絡は控ていて正解でした。あれだけ気をつけて
いるのだから、病気のはずはないと確信していた私です。
これからは自分の年齢とも相談しつつ、旦那様も大切だけど自分が一番だよと、少し
大きな声で激励して、私の予定を知らせておきました。
 梅雨の晴れ間の一日久し振りに二人で美味しいコーヒー飲みましょう。

nice!(6)  コメント(4)